ぶらっと、旅る。 

   人生の半分を夏休みに捧げたいアラフォーバックパッカー、The naokys!  過去に辿った一人旅を焼き増ししたり、これから行くであろう冒険浪漫な旅路をドドドッと書き綴る狂い咲き旅日記

          ~  The naokys! presents  俺旅  ~

スリランカ

『 スリランカピリ辛仏教巡り エピソード16 』


 「 旅の終わりはいつも帰国が嫌になる 」


RIMG6312

 夜の7時半頃にスリランカ・バンダーラナーヤカ国際空港を飛び立ったスリランカ航空は、日本時間の朝7時半に成田第2国際空港へ降り立つ。

 時差の関係で12時間だが、実際は8時間半のフライト時間だった。

 さっかくの窓側シートもほぼ夜なので意味がない。

 それでも窓側を所望してしまうのは一瞬でも空からの景色を楽しみたいからなのだ。

 俺は雲を上から眺めるのがものすごく好きで、空から見る天然の世界地図のような大地を眺めるのも好きなのだ。


KIMG6991

 はたして窓からは何も見えんかった・・・・


RIMG6316

RIMG6319

 機内ミールは夕食と朝食の2回。

 寝れば良いものを、メシ喰いながら映画を3本も観ているとあっという間に夜が明けて、日本の上空を漂っていた。


KIMG6993

 UFOが飛んでいないかのチェックも怠らない。

 
KIMG7007

 雲のかなたに富士山。

 いや~、帰って来ちゃったよ~~


KIMG7012

KIMG7014

 雲に突っ込む寸前。

KIMG7016

 雲を抜けたら旅も終わり。

KIMG7017

 我が故郷、日本。 九十九里浜だ。


 16日間に渡る『スリランカピリ辛仏教巡り』の旅路が終了した。

 スリランカの旅で一番感じたことは、カレーが全然辛くないってことと、スリランカの人達がみんな穏やかで優しいってことだった。

 インドに近いもんだから、もっとガサツな国かと思ってたもんでギャップもある。

 でも、旅の最中、どんな些細な事も、一度も嫌な目に遭わないというバックパッカー旅では貴重な、稀な体験をさせてくれた国だった。

 やってはないけどアーユルヴェーダとか、行ってはないけど紅茶工場とか宝石掘りとか、食事も辛くないし、女子にはおススメの旅行先だな。

 男は黙ってサーフィンだ。



KIMG6519

 スリランカ。

 是非、もう一度訪れたい国のひとつとなりました。

 さて、次はどんな冒険をしようかな!?
 

 Sri Lank to Narita,japan  22~23/sep/2018  From Naokys!
 
 あの忘れられた名旅ブログ ナオキーズ! 『 ぶらっと、旅る。 』

 2018年早秋、ナオキーズ!俺旅の目的地は激辛と噂の仏教アイランド・スリランカ。

 『スリランカピリ辛仏教巡り』の旅の最終章!!


  胸躍る最新blog配信❗❗



     ランキングに参加しています!

  面白かったらポチッ とな 

    


   
   放浪記 ブログランキングへ

    
    にほんブログ村 旅行ブログへ
    にほんブログ村





『 スリランカピリ辛仏教巡り エピソード15 』


 「 夕陽スポット 西海岸・ニゴンボ 」


BlogPaint

RIMG6236

(1日目)
 ニゴンボは南側の港町と北側のリゾートエリアの2つの地域に分かれている町だ。

 港町のバスターミナルからトゥクトゥクに乗って10分ほど、リゾートエリアのメインストリートで降り立った。

 何軒か安宿を見て回る。まだスリランカの西海岸はシーズンオフ。

 そのせいか、観光客があまり見当たらない。当然、どこの宿にもお客がいないようだ。

 なので交渉でお安くしてくれるし、何軒か回って一番良いところに決めればオッケー。


RIMG6238

 ビーチのすぐ近くでリゾート満点な宿、いやコテージハウス見つけたのでココに泊まることに決めたよ。


RIMG6266

 『リゾート・ビーチ・コテージ』1泊約1400円。

 宿泊客がひとりもいないから丸ごと貸し切り気分だった。


RIMG6263

 スリランカ最後のお宿がこんなにキレイで贅沢じゃ。

 さっそく、ビーチへ出て海岸からの町歩きに出掛けよう。


RIMG6240

 ここニゴンボでも宿からビーチまでは徒歩30秒。

 波が荒れてる割りに大きな波じゃないけど、海水浴にはあまり向かない海の顔をしていた。

 水平線に浮かぶのはニゴンボ名物・帆船カタマラン、漁船だ。


RIMG6241

 全然人がいなくて閑散としてるビーチは心なしか心が寒い。。。

 しかし、この先で心の友と出会うことになろうとは!


RIMG6252

 見かけるのは現地人カップルばかり。

 そんなリア充がちらほらデートに来てるだけのビーチをトボトボと歩いていると、俺の目の前にこいつが現れた。

 なんだか人懐こいヤツで、俺のあとを付いてくるんじゃなくって、自分が先に立って歩いてくれるのだ。まるで案内をしてくれているように。

 なもんで、勝手に「グッドボーイ」とあだ名を付け、ビーチの行き先はこいつの案内に任せることにした。


KIMG6935

 「グッドボーイ」はちゃんと俺のことを見ながら誘導しているので、たまに海の写真撮ったり、先導する「グッドボーイ」を動画に納めたりと、立ち止まっていると必ずちょっと先から後ろを振り返って俺がしっかり付いてきているか振り返って待っているのである。

 すっごく可愛い~~~~


RIMG6244

 だいぶ先なのにずっと待ってる。急がねば


RIMG6248

 ニゴンボは国際空港からのアクセスが一番近いので、ビーチリゾートの町にはこぞって観光客がやって来る。

 なのでオフシーズンの内に建設ラッシュがものすごく、どこも造りかけのリゾートホテルが乱立していた。あと数年後には町から街へと変化を遂げていきそうな勢いだ。


RIMG6250

RIMG6249

 そして「グッドボーイ」は俺をどこへ連れて行こうとしているのか・・・・(; ̄Д ̄)

 すでに30分以上、ゆうに2kmは延々と波打ち際を歩いているのだが・・・・

 「グッドボーイ」には悪かったが、俺は町に戻ることする。

 ここでお別れだ。

 と、思ったら、結局町の通りまで一緒に出て、通りに着いたらどっか行っちゃったよ。

 一期一会。


KIMG6943

KIMG6942

KIMG6941

RIMG6259

 町は閑散としていて活気が無い。どこのお店もヒマそうだ。

 観光客の町なので、お土産屋、西洋スタイルレストラン、カフェ、旅行会社とツーリスト向けの店舗がずらりと通りを埋め尽くしている。

 ラストでお土産を買い漁るにはちょうど良い町だ。ツーリストプライスなんだけどね。


RIMG6275

KIMG6944

 歩き疲れてビーチ沿いのレストランでお茶してたらそろそろ夕陽の時間となる。


RIMG6274


 残念ながら夕陽は見えず。

 夕陽スポット・西海岸ニゴンボとか命題打っといて夕陽見えず。。。

 ま、まあ、俺は夕陽より夕焼け空派だから空の色がキレイなアートならそれでいいのさ。


KIMG6952

KIMG6957

KIMG6958

 デビルド・ポーク 酢豚だ。

KIMG6959

 ツナソテー かつおステーキだ。

 夕食はせっかくのビーチなのでシーフードレストランへ。

 スリランカでの最後の晩餐だし、良い宿に泊まれたしでお腹いっぱい贅沢した。


KIMG6973

(2日目)
 本日はついにスリランカの旅の締めくくり、最終日なので買い物デーとした。

 ニゴンボのリゾートエリアは海以外、特に見所もなく、町も買い物以外することがないので、ブログのネタになるような出来事はない。

 なので、ビーチと町の様子とメシくらいしかお見せできませぬ。


RIMG6301

RIMG6302

KIMG6969

 土曜日だからか、昨日よりカップルが多いε=ε=(;´Д`)

 町にはほとんど人がいないのに・・・・

 探したが「グッドボーイ」は見当たらなかった。

KIMG6980

 自撮りしたらたまたま盗撮みたいになっちゃた・・・・

 ビーチなのにビキニで歩いてると違和感あるくらい海水浴客もサーファーもいないよ。


RIMG6284

RIMG6288

 CHILL OUT シーフードレストランでモーニング。

 スリランカオムレツとシーフードサラダ。

 コーヒーは敢えてスリランカ・コーヒーを注文。粉が沈んでるタイプのコーヒーだ。


KIMG6964

KIMG6963

 カフェ・ZENでセイロンティーの緑茶を頂いたら、そりゃもう日本緑茶だったよ。

 そりゃそうだ。


RIMG6280

RIMG6299

 出国の時間は夜7時。

 3時間も前に空港に着けば余裕なので3時頃ニゴンボを離れれば良いだろう。

 スリランカでの最後の食事はどうしようか。いくらかお金も余ってるし、最後に豪勢に喰っちまうか。

 などと、どのシーフードレストランに入ろうか迷っていると、なんとも俺好みのお店を発見。

 地元民御用達の安食堂を見つけてしまったのだ。

 ツーリスティックなレストランしかないとか思ってたから最後に出会えてうれしい。


RIMG6297

RIMG6298

KIMG6966

 スリランカランチ名物、ライス&カリービッフェスタイルだ。

 魚といんげんとダルと葉っぱの激安カレーを右手で頬張る。

 やっぱりこういう小汚い店先で手で喰うスタイルが俺には合ってるのな。

 美味いし安いし(140円)、最高のスリランカ最後メシだった。


KIMG6985

 バイバイ、スリランカ

 空港へGO----


 Negombo,Sri Lanka 21~22/sep/2018  From Naokys!
 
 あの忘れられた名旅ブログ ナオキーズ! 『 ぶらっと、旅る。 』

 2018年早秋、ナオキーズ!俺旅の目的地は激辛と噂の仏教アイランド・スリランカ。

 『スリランカピリ辛仏教巡り』の旅に乞うご期待!!


  胸躍る最新blog配信❗❗



     ランキングに参加しています!

  面白かったらポチッ とな 

    


   
   放浪記 ブログランキングへ

    
    にほんブログ村 旅行ブログへ
    にほんブログ村





『 スリランカピリ辛仏教巡り エピソード14 』



 「 東海岸サーフスポット アルガム・ベイへの道 」


BlogPaint

 アーユボーワン!
(シンハラ語でこんにちわ!)

 前回のブログでアルガム・ベイでの堕落した日々を紹介したはずなのに、またアルガム・ベイですか!?Σ( ̄ロ ̄|||)

 と、お思いの『ぶらっと、旅る。』愛読者のみなさま。すいませんまたアルガム・ベイです。

 今回はバドゥッラからアルガム・ベイ、アルガム・ベイからコロンボを経由してニゴンボへ行くまでの旅の道中のお話です。

 3日間をぎゅぎゅっと詰め込み凝縮し、写真多めでお話を進めて行きたいと思います。

 どーか、最後まで飽きずによろしくお願いしやす。


RIMG6185

 バドゥッラの朝は早く、6時にはトゥクトゥクでバスターミナルまで送ってもらった。

 まだ山間部(標高680m)なのでクソ寒い早朝だ。


RIMG6186

 アルガム・ベイ行きの国営ローカルバス。

 途中、海沿いにあるポトゥヴィルの町で乗り換えるのが一般的なルートだが、このバスはダイレクトでアルガム・ベイまで行ってくれる優秀なヤツ。


RIMG6187


 直通のバスは便数が少ないんだそうだが、朝イチだから乗れたようだ。

 ちなみにシンハラ語とタミル語と英語表記で行き先が書いてある。


KIMG6818

 山間部はインフラ整備の最中でとにかく道が悪い・・・・

KIMG6826


KIMG6834


KIMG6836

 道路脇はすぐお茶畑が山肌に沿って埋め尽くされてる。

 こんな埃っぽい茶葉はいただけないぞ


RIMG6189

 朝食は茹でひよこ豆と揚げギョーザと揚げ豆コロッケと揚げ唐辛子。

 揚げ唐辛子は見た目に反し全然辛くなくてめちゃ美味い。まるでスナックぞな。


RIMG6190

 メシ喰ってひと眠りしてたら車内が異様に暑くなってて目が覚めた。

 いきなり東海岸の海まで出てた。

 アルガム・ベイまでもうすぐそこだ。

 そしてここは常夏だ


KIMG6856

 アルガム・ベイは小さな漁村。

 でも世界的にも有名なサーフスポットだからツーリストはサーファーばかり。

 トゥクトゥクもサーフボード乗っけて走ってる姿がカワイイ。


KIMG6851

 バス降りてすぐ、だいぶゆるい雰囲気のゲストハウスを見つけたので、特に他を探すこともなく即決。


RIMG6193


RIMG6194

 「SHASHINI BEACH RESORT」
 1泊1400円の個室。

 ビーチまで徒歩30秒の立地。


RIMG6199

 ビーチは漁師たちの仕事場。

 ボートに網に綺麗に準備されておる。


KIMG6861

 ツーリスティックな漁村だからお洒落レストランしかない。


RIMG6211

 だから物価は高いけど、金出せばスリランカでも美味いコーヒーが飲めるのは幸せ

 バナナケーキも文明の味。


RIMG6215

 サーファー集うベイビーポイントへ。

 土砂降りの雨が海を渡ってやって来る!


KIMG6879

 コイツがすごい勢いでやってきた。

 ぽつりと来たら逃げる間もなく、嵐のような土砂降りに・・・・


KIMG6871

 海パンとラッシュだから濡れても問題なかったけど、強風が一気に身体を冷やして寒い。

 こんなスコール滅多にないそうだが、そろそろ東海岸のオンシーズンも終わる季節なんだと。


KIMG6874

 40分くらいで元のアルガム・ベイに戻る。

 特にやることもなかった3日間の滞在中、このスコールが最大のイベントだった。


KIMG6883

 ゲストハウスのおっちゃん達と仲良くなったので夕食を御馳走してくれた


KIMG6881

 おっちゃん手作りの家庭の味。ライス&カリー

 キングココナッツのカレー味とかバナナカレーとか煮干しみたいな味の煮干し。

 ノーチリだとのことで全然辛くない。


KIMG6885

 朝の漁獲量を見物に行くと小魚ばかり・・・・

 がんばれ!フィッシャーマン


RIMG6219


RIMG6221


RIMG6223


RIMG6225


RIMG6222


 最終日の朝に見つけた調子良さげなレストラン。

 なかなかのチルアウト空間で大人気だった。

 ゲストハウスもあるみたいだけど、ここに泊まったらビーチ行かなそう


KIMG6915

 ゲストハウス専属のサーファーティーチャー達と毎晩遊んでた。

 3日間、ゆるい滞在となったアルガム・ベイ。 楽しめたのも彼らのおかげ。

 また来るよって、今夜でバイバイだ。

 さみしー。

KIMG6920

 東海岸アルガム・ベイから西海岸のコロンボまでの直行エアコン深夜バス。

 このバスに乗れるまでが大変だった。

 ポトヴィルのバス乗り場まで行ったは良いが、バスチケットがまさかの完売。

 コロンボ行きのバスは夜行便しかなく、2台のエアコンバスと1台の国営ローカルバスの計3台のみなのだが、どうやらエアコンバスはツーリストしか乗らないから予約が必要だったみたい・・・・

 国営ローカルバスに至ってはぎゅうぎゅう詰めのとても夜行バスとは思えない地獄絵図。

 バス乗り場で、バス会社のボスとトゥクトゥク仕切ってるおっちゃんとあーだこーだ相談の結果、賄賂を払えばエアコンバスの座席を用意出来るかも知れないとのこと。

 トゥクトゥク仕切ってるおっちゃんにタバコ2本を手渡し、そのおっちゃんがバス会社のボスに口添えをし、ボスがなにやら電話をかける。

 予約しなかった俺が悪いんだから、またアルガム・ベイの宿まで戻ってもう1泊しなきゃならんのだが、もう日数もギリギリでここまで来たからには今夜出発したい。

 賄賂システムを駆使できるならお安い御用だ。

 満席だと言われていたラスト1台のエアコンバスの座席が奇跡(賄賂)的にゲット出来たためなんとか予定通りコロンボへ行けることに

 ちなみに賄賂の金額は350円。 恐縮する金額だ

 そういえば前方の通路に直に座ってる方がいらっしゃいましたが、あのお方のお座席だったのかしらん・・・・?

 あ、ありがとう。。。


RIMG6230


 7時間半の夜行バスがコロンボに到着したのは早朝4時半。

 まだ太陽も昇ってなくて次の目的地・ニゴンボ行きのバスもない。

 とりあえずバスターミナルのベンチで2時間ほど寝て待った。


RIMG6232


KIMG6923


 まったく疲れが抜けないまま6時半出発のニゴンボ行きのローカルバス。


 ついに旅も最終局面を迎え、コロンボからちょっと北にあるビーチリゾート・ニゴンボへ向かってバスはトロトロと出発したのであった。


RIMG6226


 Arugam Bay,Sri Lanka 18~20/sep/2018  From Naokys!

 あの忘れられた名旅ブログ ナオキーズ! 『 ぶらっと、旅る。 』

 2018年早秋、ナオキーズ!俺旅の目的地は激辛と噂の仏教アイランド・スリランカ。

 『スリランカピリ辛仏教巡り』の旅に乞うご期待!!


  胸躍る最新blog配信❗❗



     ランキングに参加しています!

  面白かったらポチッ とな 

    


   
   放浪記 ブログランキングへ

    
    にほんブログ村 旅行ブログへ
    にほんブログ村





『 スリランカピリ辛仏教巡り エピソード13 』


 「 なにも しないで いい時間 」


BlogPaint


KIMG6886


 やって来たのは 東のビーチ

 世に名の知れたサーフポイント

 波乗り横目に 寝転ぶ砂浜

 太陽サンサン 白い雲

 ここは天下のアルガム・ベイ

 頭の中はカラッポで 

 心の中はまったりで

 風に揺れるは椰子の葉で・・・・



KIMG6853


 この日、この瞬間を待ちわびていた。

 旅人ナオキーズ!には2種類の旅スタイルがある。

 ひとつは観光名所に繰り出し世界遺産を訪ねたり、美味しい名物料理に舌鼓をうったり、その国のカルチャーや音楽、芸術に触れたりと限りある時間の中であくせくと、なるべく多くの体験をしようと好奇心の赴くままに旅行しまくる全部詰め込み型の旅スタイル。

 もうひとつは、直感で気に入った街とか、地球を感じるくらいのスケールで迫るスゲー景色の場所とか、南国リゾート張りの真夏のビーチだとか、ここぞと決めた最高のシチュエーションに出会ったら、思考回路を停止させ何にもしないで日がな一日ただただぼーっと、無気力に堕落を思う存分堪能してストレスをかき消すダラケ沈没スタイル。

 人間の欲望の中で一番誰もが欲しているのは、物欲でも性欲でもなく、何もしないでもそれなりに死ぬまで生きていける生活だと思う。

 宝くじで10億円が当たったらとりあえず今の仕事は辞めて、それから色々考えるってな人は間違いなくその類だ。


IMG_20180918_123602

 スリランカ前半の旅は前者の旅スタイルだった。

 電車に乗ってスリランカの果てまで行き、トゥクトゥクで歴史を見て周り、バスに揺られてスリランカの国中を縦横無尽に駆け巡ってきた。

 だいぶタイトなスケジュールを過密にこなし後半戦のために日程を詰めに詰めたのだ。

 すべてはこの日、この瞬間のために、だ。
(夏休みの宿題は最初に終わらせるタイプ)


KIMG6898


 限られた日数での旅だからこそ、ラストはビーチでふぬけた日々を過ごそうと決めていた。

 朝、目が覚めたら起きる。

 とりあえずビーチに出てみる。

 漁師が仕事をしている最中、二度寝に戻る。

 昼頃、町をぶらぶらしながら調子良さげなレストランでビール。

 暑いから海でひと泳ぎ。

 疲れたら宿に戻ってまったりする。

 夕方、ビーチでだんだんと夜に変わっていく空を眺める。

 腹が減ったらまた調子の良さげなレストランでシーフード。

 眠くなるまで宿の連中とくだらないトーク。

 テキトーに寝る。

 ふりだしに戻る


IMG_20180918_122927


 宿からビーチまで徒歩30秒。

 メインストリート1本の小さい町だから30分でひととおり周れる。

 海パンとラッシュだけで1日中過ごせる。

 ツーリスティックな町なのでお土産屋、コンビニ、レストランと何でも揃ってとても便利。

 ほぼサーファーしかいないから、なんにもしてなくても誰もナニも言わない。

 まぁ、「サーフィンしないのか?」って死ぬほど言われたけど・・・・

 砂浜があって波の音がいつまでも続いて照りつける太陽があれば他になにもいらないよな。

 Wi-Fiだってそんなにはいらない。


KIMG6854


 1週間に休日があるように、人間には休む時間が必要だ。

 どこかで心も身体もリセットする必要があるのだ。

 どうせなら最高のシチュエーションで死ぬほどリラックスしたい。

 全力で。

 スリランカのビーチならうってつけだ。

 カワイイ水着姿の女の子がいればもっとハッピーだったろうが、人懐っこい犬がいたからOKだ。

 時間の感覚は太陽が教えてくれる。

 日陰が心地よさを与えてくれる。

 脳みそが溶け始めてきたら頃合いだ。


KIMG6908

 ずっといたかったけどアルガム・ベイの滞在期間はわずか3日・・・・

 リラックスに慣れてきたらもう終わりなのだ。

 心地良過ぎたアルガム・ベイの堕落した日々を終わらせるのは忍びない

 英気を養ってまた頑張るぞーーー!なんて大っ嫌いだ。

 でも次の行き先もビーチ。

 真逆の西海岸へ踵を返し、夕陽スポットのビーチリゾート・ニゴンボだ。


RIMG6206


 手に入れたのは 心の休息

 手放したのは古い自分

 波乗り横目に 寝転ぶ砂浜
  
 身体のリズムは 波の音

 この世の楽園アルガム・ベイ

 頭の中はカラッポで 

 心の中はまったりで

 風に揺れるは椰子の葉で・・・・

 なにも しないで いい時間


KIMG6909



 Arugam Bay,Sri Lanka 18~20/sep/2018  From Naokys!

 あの忘れられた名旅ブログ ナオキーズ! 『 ぶらっと、旅る。 』

 2018年早秋、ナオキーズ!俺旅の目的地は激辛と噂の仏教アイランド・スリランカ。

 『スリランカピリ辛仏教巡り』の旅に乞うご期待!!


  胸躍る最新blog配信❗❗



     ランキングに参加しています!

  面白かったらポチッ とな 

    


   
   放浪記 ブログランキングへ

    
    にほんブログ村 旅行ブログへ
    にほんブログ村





『 スリランカピリ辛仏教巡り エピソード12 』


 「 高原列車でトロトロと 」


BlogPaint


 その高原列車から眺める車窓は「アジアで一番美しい車窓」と呼ばれるほどの景色だそうだ。

 古都キャンディ-から、茶畑で埋め尽くされる丘陵地帯の山間地域に入り、いくつもの山あいの村を通過した終着駅「バドゥッラ」までの区間を、のんびりと(およそ8時間)列車に揺られて旅をした。


RIMG6116

 キャンディ駅のホームで高原列車を待つ


RIMG6115

 1stクラスは売り切れだそうで、2ndクラスと3rdクラスしかないとのこと。

 別に気にする事もなく2ndクラスの切符を買ったが、駅員は言った。

 「2ndクラスだけど指定席じゃないよ。むしろ席無いよ。」と・・・・


RIMG6113

 駅のホームには外国人ツーリストで溢れ返っている。

 この人達みんな同じ列車に乗るのだろうか?

 みんなバドゥッラまで行くのだろうか?

 さっきの駅員の発言は謎だが、こいつらと空いてる座席の取り合いになりそうだ。約8時間の列車の旅で座れないのは拷問だろ、楽しくもなんともないじゃないか!?

 もし、本当にみんな同じ列車なら相当気合いを入れて乗り込まなきゃだな。


KIMG6733

 列車は到着予定時刻より20分遅れてキャンディ駅のホームへ滑り込んできた。

 が、あろうことかすでに車内は満席状態・・・・ 立っている乗客だっているじゃあないか。

 おそらくこの高原列車の始発はコロンボで、すでに乗車率100%のところに途中駅のキャンディから我々は乗ったということなのだろう。

 そんな列車に予想通りホームにいた外国人ツーリスト達が殺到して乗車口へ集まっている。

 しかも全員人間1人分はあるであろうバックパックを抱えてるもんだから、座るどころかまず乗れんのか?ってな話。

 案の定、乗車率200%と化した車内へはなかなか乗り込めない・・・・ スシ詰め状態だから奥の車両内へ入るよりも最後に乗り込もうなんて考えが甘かった。 まったく乗れる気がしないぞ。

 列車は5分以上停車して、全員無理やり詰め込むまで発車しなかった。

 とにかく朝の通勤ラッシュのピーク時に全乗客がバックパック背負って電車に乗ってるような事態が巻き起こった。

 そう。今、頭の中で想像したことが本当に現実に起こっていたのだ。スリランカの電車内でモッシュ状態だよ


RIMG6125

 ギリギリ確保出来たナオキーズ!の場所は乗車口付近。

 当然ドアなんてない。ドアの概念すらない。

 ちょっと押せばこのカップルは転げ落ちる。


KIMG6736

 誰もが驚いたのは、このモッシュの中を数人の物売りが車両を行き来していたことだった。

 しかしマトモには歩けないので売り物が入った駕籠を乗客が先へ先へと送り込み、後から売り子ががんばって人と荷物の間を通り抜けるというなんとも間抜けな一幕が繰り広げられたが、これがどうして、車窓を眺めることも出来ないやることのない中での共同作業として、乗客たちの心をひとつにしていたのだった。

 誰も買いはしなかったが。


RIMG6129

 そんな高原列車のスタートを切ったが、殺伐とした雰囲気ではなく、車両内ではコロンボからずっと乗って来ていたスリランカの若者集団が太鼓を叩き歌を歌う。

 それに釣られ中国人観光客の団体も合わせて歌合戦となり騒がしくも和気あいあいとしたものとなった。

 長い旅路をみんな覚悟していたので、混んでようがこの状況を楽しむ方向へ思考をチェンジしたのだろう。旅のひとつの思い出としてしょうがないと諦めての全力で笑顔だった。


KIMG6743

 車窓、というか乗車口からの眺めもスリル満点。

 だんだんと山あいに突入だ。


RIMG6136

 丘陵地帯へ入り、山肌に茶畑も増えてきた。

 キャンディーバドゥッラ間を走る高原列車は、スリランカと言えば紅茶!と言われる由縁でもある一大産地がひしめき合う高原や丘陵地帯へ山を登り進んで行くので、このような茶畑の山肌景色がいつまでも続くのだ。壮大である。

 このあと8時間も同じような景色が続くのだ。壮大で、、、ある。


KIMG6749

 立ちっぱなしの高原列車の旅も4時間半を経過すると、紅茶の銘柄でも有名な「ヌワラエリヤ」の駅へと到着した。

 ここで吉報。

 なんと乗客の半分が下車したのだ。

 キャンディからの観光客は高原列車の雰囲気を味わいながら紅茶の産地「ヌワラエリヤ」へ行くことが流行りの観光コースのようなので、そのおかげでとても助かったよ。


KIMG6754

 しかし「ヌワラエリヤ」から乗り込んでくる外国人ツーリストもまた多数いるわけで、なんとか座れたものの窓側ではなく通路側。立っている乗客もいるからおいそれと「世界の車窓から」ごっこに興じることもなく、淡々と高原列車は高度を上げ丘陵地帯を走って行く。


KIMG6759

 あいかわらず茶畑が続く。

 天候は雨だったり、晴れだったり、曇りだったりと山の天気は変わりやすいの実体験だ。


KIMG6767

 下界の遥か下のほうまで見渡せるほど高度は上がったようだ。

 周りの景色も雄大さを増して「高原列車」というよりは「高山鉄道」。


RIMG6143

 通路側の席に座ってからさらに3時間が経過。

 「エッラ」駅へ到着すると、始発のコロンボやキャンディから乗り続けてきた乗客も、ヌワラエリヤから乗り込んできた外国人ツーリストもみんな降りた。

 どういうことかと言うと、まるでここ「エッラ」が終点の駅かと思う程、文字通りみんな降りたのだ。

 今、車両に残っている乗客は、コロンボから乗り続けて太鼓を叩き歌を歌いまくっていた陽気なスリランカの若者集団7~8人とナオキーズ!唯一人だ。

 これで心置きなく「世界の車窓から」ごっこに浸れるというものだ。

 やっほーーーー!


KIMG6782

 さっそく調子に乗ってはしゃぐことが出来た。


KIMG6788

 ぐんぐん進む高原列車君。

 トンネルが多いのもこの路線の特徴だ。


KIMG6807

 さらに危険な荒業にも挑戦!!(列車停車中…)


KIMG6801

 実はそんなにスピードが出ていないことが発覚。

 ディーゼル車は馬力があって登り坂には強いのだが、遅いのだ!!


KIMG6809

 「エッラ」から「バドゥッラ」までの小一時間、彼らはここぞとばかりに太鼓のみならず、シートやペットボトル、つり革でリズムを叩きだし、ずーーーと歌を歌い続けていた。

 そんなBGMをバックにひとり右へ行ったり左へ移動したりとシャッターを切り続けるナオキーズ!であった。


RIMG6148

 本当の終着駅「バドゥッラ」駅に高原列車は滑り込むと、長い列車の旅路も終わりとなる。


RIMG6149

 ようやく辿り着いた。 

 朝の9時から出発して到着時刻は夕方17時。


RIMG6150

 「バドゥッラ」駅の外観。

 植民地時代の名残があって小さくて可愛い駅舎だった。


RIMG6154

 町の中心部へ向かって歩く。

 この町には1泊だけの予定なので手頃な安宿を求めて、ついでに町歩きも兼ねてずんずん歩く。


RIMG6155

 滅多に観光客も来ないのであろう、看板から英語表記が消えた。。。


RIMG6156

 こういう素朴な、なんにも無いちょっと汚い町が割りと好きだったりする。


RIMG6158

 スリランカの定番、町の中心地の時計塔がなんとデジタル表記!!!!

 丸っこい字で埋め尽くされた田舎の町のハズなのに。。。ハイテク!?


KIMG6814

 陽も沈みかけ、綺麗な夕焼け空が町の上空を覆う。1日の終わりに素晴らしい光景だ。

 ある意味「アジアで一番美しい車窓」よりも、ずっとこっちの方が俺にとっては美しかった。



RIMG6168

 そして仕事を終えた象と象使いが、なんの違和感もなく車道を歩き帰宅している Σ( ̄ロ ̄|||)エェッ!?

 もちろんこの光景に驚いてたのはナオキーズ!だけ。

 これがバドゥッラの夕刻の日常風景なのだ。


RIMG6172

 お手頃な食堂を見つけたので夕食だ。


RIMG6169

 インディアン・アーッパと呼ばれる米粉の麺にカレーをかけて頂く。

 スリランカでは朝食の定番だが夕食時でもオーダー出来るのだから問題はない。

 小さな赤いアリが大量に麺の上を歩いていたがフーーッってやれば問題はない。


 8時間の高原列車の車内ではマトモな食事にありつけなかったので「空腹はスパイス」とは良く言ったもの。

 もう、なんでも美味いのだ


  
 Badulla,Sri Lanka 17/sep/2018  From Naokys!

 あの忘れられた名旅ブログ ナオキーズ! 『 ぶらっと、旅る。 』

 2018年早秋、ナオキーズ!俺旅の目的地は激辛と噂の仏教アイランド・スリランカ。

 『スリランカピリ辛仏教巡り』の旅に乞うご期待!!


  胸躍る最新blog配信❗❗



     ランキングに参加しています!

  面白かったらポチッ とな 

    


   
   放浪記 ブログランキングへ

    
    にほんブログ村 旅行ブログへ
    にほんブログ村





プロフィール

naokys!

はじめまして!             
 旅好き、アジア好き、遺跡好き、神社仏閣好き、大道芸好き、パフォーマンス好き、民族音楽好き、倍音好き。

 人生どうにかなりそう!アジア人を見てそう思い、楽観的・わがままになってゆる~い人生、テンションあげて生きてます。

 あぁ、もう残り半分。 旅に出ねば。 

ギャラリー
  •  『 弾丸ソウル 』
  •  『 弾丸ソウル 』
  •  『 弾丸ソウル 』
  •  『 弾丸ソウル 』
  •  『 弾丸ソウル 』
  •  『 弾丸ソウル 』
最新コメント
メッセージ

名前
本文
  • ライブドアブログ