ぶらっと、旅る。 

   人生の半分を夏休みに捧げたいアラフォーバックパッカー、The naokys!  過去に辿った一人旅を焼き増ししたり、これから行くであろう冒険浪漫な旅路をドドドッと書き綴る狂い咲き旅日記

          ~  The naokys! presents  俺旅  ~

台湾韓国周遊見聞録

『 台湾韓国周遊見聞録・ⅩⅨ 』


 「 帰国の途 」

 9月22日

 雨が降っています。

 韓国南部を襲っている大型の台風17号の影響かは分かりませんが、韓国北西部に位置するここ水原の街は、朝から小雨が降り続いているのです。

 そんな朝ぼらけの中、水原華城の大広場へ向かいます。傘が必要なほどは雨が降っていて肌寒いばかりです。

RIMG2316

 華城行宮の新豊樓の前にて日曜の11時から宮廷に伝わる武芸を行っているとの情報でしたが、雨の為か誰もおらず閑散としているだけでした。

 最後の観光となるかと期待していただけにとても残念な気持ちです。 

RIMG2320

RIMG2321

 このまま帰るのももったいない気がしたものですから、周辺を散策しながら朝昼兼用ご飯を食べようと歩きはじめました。

RIMG2323

RIMG2324

 全然営業してません・・・・ 飛び出す龍もどことなく迫力が欠けます。

RIMG2322

RIMG2328

RIMG2333

 韓国のどこにでもあるトリックアートが最後の観光スポットとなったのは予想外の出来事でしたが、街歩きをしていたおかげで一軒の開いているお店を見つけご飯にありつけることが出来たのでした。

RIMG2330

RIMG2332

IMG_20190922_113456

 ビビンバは太古の昔から大好きな食べ物で、どこで食べても全てのビビンバが美味しいので今回もとても満足でした。お腹ももちろん満足ですが、テンションだだ下がりだった心も満たされたのでした。

RIMG2334

RIMG2337

RIMG2338

RIMG2341

 小雨をかわしながら八達門まで歩いてるうちに空模様は曇り空に変わりました。

 街のランドマークでもある八達門にはいくつものバス乗り場となっており、そこから水原駅までのバスに乗ったのです。

RIMG2344

 午前中の観光を終えたら本日の予定はお土産を買う事。

 お土産はスーパーマーケットで買うのが常なのですが、大きな駅には立派な駅ビルがありショッピングモールもあるので大きな買い物は出来ませんがウィンドウショッピングがとても楽しみでもありました。

 水原駅には「AKプラザ」というファッショナブルなモールがあり、龍山駅には「IPARK MALL」というお洒落なモールがあり、ソウル駅には「ロッテアウトレット」という巨大なモールが存在するようです。

 ということなので、水原駅ビルを攻めたあとは地下鉄で1時間の龍山駅に向かい妄想ショッピングを楽しみ、2駅先のソウル駅で格安アウトレットのチェックを堪能したのです。

IMG_20190922_151340

RIMG2346
 
KIMG8754

RIMG2367

RIMG2368

 ところがです。。。

 本来の目的であるスーパーマーケットでお土産を買うという行為になかなか辿り着けなかったのです。

 水原駅にあった「eマート」はお休み。ソウル駅にある「ロッテマート」もお休みだったのです。どういうことか良く分からなかったのですが、韓国のスーパーマーケットというのは日曜日が定休日となるのでしょうか。不思議です。

 お土産の本命はスーパーだ、と自負しているので情報を集めていますと、どうやら杏堂(ヘンダン)駅前の「ロッテマート」は本日営業しているとのことでした。

 さっそく地下鉄に乗り込み、途中路線を乗り換えて、なんとか目的のスーパーマーケットまで辿り着けました。

RIMG2393

RIMG2394

IMG_20190922_181315
 
RIMG2399

RIMG2353

KIMG8758

RIMG2396

 スーパー巡りは本当に楽しいですね。韓国の人達の日常生活が垣間見れてとても親近感を抱くことができます。

 もちろんお土産も手に入れて、本場韓国のロッテでエビバーガーも食べることができました。

 そしてそろそろ帰ろうとお店の外へ一歩出ると、そこには綺麗なピンクに染まった夕暮れの空が待ち受けていたのでした。

KIMG8761

RIMG2403

 お土産も手に入れたらソウルの街をあとにします。

 帰国便のヒコーキはソウル発ではなく、釜山発成田行きなのです。ですので、これから夜の便のKTXという特急列車に乗り込み、一路、釜山駅へと向かいます。

 ここで心配なのは台風です。台風17号が釜山付近に上陸しているらしいことはなんとなく分かったのですが、目にする映像はハングルや韓国語のために、なにがなにやらてんで理解不能なのでした。

RIMG2414

RIMG2416

RIMG2425

RIMG2432

RIMG2438

KIMG8771

 釜山駅まであと残り3,40分というところで、場所は東海岸付近の蔚山(ウルサン)周辺だったでしょうか、突然車体に雨音が鳴り始めました。

 思ったほどの大雨ではなかったのですが、台風とすれ違ったのかも知れません。

 釜山駅に着いた頃には雨は上がっていましたから。

 しかし、駅から外へ出ると台風の爪痕はまだ残っていて突風が吹き荒れている状態でしたが、なんとか無事に宿へチェックインをすることができ、5日ぶりの釜山に戻ってくることが出来ました。

KIMG8779

KIMG8780

RIMG2450

RIMG2452


 9月23日

 帰国の朝を迎えました。

RIMG2457

RIMG2460

RIMG2462

RIMG2467

RIMG2472

RIMG2481

RIMG2488

 釜山の地下鉄やモノレールをいくつか乗り換えると、50分ほで釜山金海国際空港に到着します。

 空港内に入りまず驚いたのはその人の多さでした。おそらく昨日は台風の影響で欠便が多くでたとみられ、たくさんの旅行者がここで一晩を明かしたのでしょう。あまりの混雑ぶりに出国審査が遅れ乗り遅れやしないかとヒヤヒヤしましたが、人の多さの割りに出国審査に時間がかかることはなく、予定のヒコーキには間に合いました。

IMG_20190923_092836
 
RIMG2502

RIMG2510

KIMG8783

RIMG2521

KIMG8792

RIMG2547

RIMG2569

KIMG8841

 2019年9月の旅が終わりました。

 台湾1周5日間 韓国1周11日間の16泊15日の2ヶ国各々ぐるり旅。

 限られた時間の中で2ヶ国も周遊出来るのかと危ぶんでいましたが、終わってみればとても満足感があり充実した実のある面白い旅路となりました。

 それぞれの国の良さがあるのでどっちが良かったとかは特に無くて、台湾の飯の美味さ、民族の歴史、おちんぽ先生との遭遇、韓国の飯の多彩さ、芸能の奥深さ、ひとりラブホの経験値とまた何度も訪れ経験したいことばかりでした。

 身近な国でもこれだけ楽しむことが出来るので、ナオキーズ!は一生「旅」という呪縛から逃れられないことでしょう。

 それではまた、地球のどこかの旅先で!

RIMG2583

 Busan,Korea 22~23/sep/2019  From Naokys!
 
 2019年・ナオキーズ!旅日記第4弾!! 

 『 台湾韓国周遊見聞録 』

 16日間もあれば、近場のお手軽海外旅行で台湾と韓国の2か国それぞれ1周できるんじゃあないの?ってな具合で計画したら思ったよりタイトなスケジュールに追われるハメに・・・・

 怒涛の『台湾韓国周遊見聞録』の旅。
 
 2ヶ国をぐるっと周った観光スポット巡りをどーぞお楽しみあれ!!

  胸躍る最新放浪旅日記を配信中!


     ランキングに参加しています!

  面白かったらポチッ とな 

    


   
   放浪記 ブログランキングへ

    
    にほんブログ村 旅行ブログへ
    にほんブログ村



『 台湾韓国周遊見聞録・ⅩⅧ 』


 「 水原華城 」

 9月21日

 時間に余裕があり、急ぐ旅でもないので、朝はゆったりと風呂に入り身体をリラックスさせ、昼前にシロアムサウナをチェックアウトしたら、ようやっとの出発だ。

 世界文化遺産・水原華城のある水原。その街は、ソウルから地下鉄で約1時間の場所にあるのだ。

 この旅最後の観光の旅となる。。。 

KIMG8729
水原華城の昔地図。
 現代も街を囲むようにして城壁などが残っており、華城行宮を中心に見学できるようなっている。城壁の内側に市街地があり、水原華城と言う名で世界文化遺産に登録されているのだが、とにかく歩いて見て周れるような広さではないので主要の部分だけでも観ておきたいものだ。

KIMG8730
華城行宮の昔地図。
 かつての王都ではなく時期王都の候補ではあったのだが、築いた正祖が死んじゃって遷都までは至らず。王の泊まる地方の宿泊施設のまま残った。

RIMG2189
 正門の前でなにかやってる(イベント!?)

RIMG2191
司会の2人がなにやら言ってる(意味わからん)

KIMG8726
 とりあえずこの娘の笑顔が可愛いかった

RIMG2195
 現代舞踏みたいなのが始まったのでおいとましました

RIMG2206
 地味なイベントだが一日中やってた

RIMG2208
 かつての王の護衛隊

RIMG2214
 たぶん昔のエライお役人

RIMG2220
チャングムの誓いのロケ地だって!!(観てない)

RIMG2219
 だぶんどれかがチャングムと思われる

RIMG2221
 チャングムこっちかもしれない

IMG_20190921_150638
 伝統芸能織り交ぜた小芝居やってた

RIMG2251
 やっと世界遺産っぽいとこ発見

RIMG2254
 チャングム老けたなぁ~

KIMG8735
 李朝の王旗 キングダムみたいでカッコイイ

KIMG8736
 これぞ韓国の門だろう

RIMG2259
 なんか垂れ幕まで出てきたが今日のイベントってなんなん? 

RIMG2260
 華城行宮の前のデカ広場

RIMG2264
 水原華城博物館へも行ってみた

KIMG8739
 昔の城下町並みの様子

RIMG2265
 行宮内の様子 謎の猛獣がヤバし

 水原華城、世界遺産の全貌を堪能するには時間が無さ過ぎたのが残念。主要部分しか観れてないのでもし次回ここに来るチャンスがあれば城壁を1周したり、気球に乗って上空から水原華城を眺めたりしてみたいものだ。

RIMG2270
 お腹が空いたので名物の鶏の丸焼き(トンダク)の店を探す

RIMG2272
 見つけたものの名店過ぎて長蛇の列 ヤメヤメ、鶏はやめだ

RIMG2273
 先へ進むと城壁の水門が現れた

RIMG2274
 城水門を越えた先には・・・・

KIMG8740
 池洞市場、通称スンデタウン。スンデとは豚の腸詰のことで水原名物のひとつである。この市場の中にスンデ鍋専門店がひしめいているというのでさっそく突入だ。

RIMG2295
ごちゃごちゃしたフードコートみたいな所だった

RIMG2297
やってきたスンデ鍋は美味そうだがまたもや大量

KIMG8743
 隣のおばちゃん達と仲良くなって宴が始まる

RIMG2303
 すっかり夕暮れ時で空がキレイ

IMG_20190921_184858
 夜のとばりに佇む八達門

 韓国9日目。 

 この旅も最終章まで来たが、ついに天候が悪くなってきているようだ。小雨が降ったり止んだりで外の観光が億劫になるよ。

 まぁ傘が必要って程じゃないからまだ良いんだけどね、寒いんよ、Tシャツのみだと・・・・

 そんな訳でいよいよ帰国の準備が必要だ。

 明日はお土産買ってソウルから釜山まで南下して、釜山で1泊したらもう日本だよ。

 さらっと行ってみたものの、まだまだ道のりは長いねぇ(笑)

RIMG2308

 Suwon,Korea 21/sep/2019  From Naokys!
 
 2019年・ナオキーズ!旅日記第4弾!! 

 『 台湾韓国周遊見聞録 』

 16日間もあれば、近場のお手軽海外旅行で台湾と韓国の2か国それぞれ1周できるんじゃあないの?ってな具合で計画したら思ったよりタイトなスケジュールに追われるハメに・・・・

 怒涛の『台湾韓国周遊見聞録』の旅。
 
 2ヶ国をぐるっと周った観光スポット巡りをどーぞお楽しみあれ!!

  胸躍る最新放浪旅日記を配信中!


     ランキングに参加しています!

  面白かったらポチッ とな 

    


   
   放浪記 ブログランキングへ

    
    にほんブログ村 旅行ブログへ
    にほんブログ村



『 台湾韓国周遊見聞録・ⅩⅦ 』


 「 JUMP シロアムサウナ in ソウル 」 

 9月20日 後編

 安東の街を午後に経ち、バスに乗って目指すは東ソウルのバスターミナル。

 ついに韓国の首都・ソウルに出陣だ。

 と言ってもソウルには1ヶ月後の10月末にまた来る予定がすでに入っているので今回は泊まるだけ、釜山移動の要所にするだけなのだ。

RIMG2071
 さらば安東駅よ また会う日まで

RIMG2073
 安東バスターミナルからソウルを目指す

RIMG2075
 5番ホームからのソウル行き 一番上の昼間便のバスだ

RIMG2078
 混んでなくてバスチケットはすぐ買えた

RIMG2080
 バス車内の人数もそこそこだな

RIMG2082
 西義の門を越えて安東を去る 

RIMG2085
すぐに高速道路に乗りひたすら3時間の道のりだ

RIMG2091
 ソウルへの関門 東ソウル料金所

RIMG2092
 急に渋滞に巻き込まれるからここは大都会

RIMG2099

 東ソウルバスターミナルに隣接している地下鉄・江辺(カンビョン)駅から、ソウルの中心地である明洞まで出る。

RIMG2101
 
 ソウル市内は地下鉄表示も車内アナウンスも国際的だし、ソウル市民は英語も日本語も話せる人が多くてめちゃくちゃびっくりした。

 これまで8日間ほど韓国を周って来たけど、こんなにスムーズに物事が進んだことなんて無かったもんな! 

 超ラクチン! 

 国際都市ソウルに拍手だ!!!!

RIMG2108
 明洞の地下鉄を出ると東京に着いたような錯覚に陥った

RIMG2114
 夕刻の明洞ストリートの賑わいは始まっていた

RIMG2118
 キンパム(海苔巻き)屋台で舌鼓

RIMG2120
 猫カフェのキャッチのCATさん

RIMG2122
 羽根付きたい焼き

RIMG2123
 全身イカフライ

RIMG2129
 揚げバナナならぬバナナフライ

RIMG2127
 小腹空いたらエッグパン

RIMG2124
 ニセモノ天国見つかりゃ地獄 

IMG_20190920_173605
人は多いが80パーセントが外国人旅行者の明洞

IMG_20190920_181827
 黒糖ミルクティでタピって休憩

RIMG2138
 明洞から移動してとある場所へとやって来た。

 このビルの3階に用があるのだ。

IMG_20190920_165855

 「JUMP」

 実はこの公演を観るために本日ソウルまでやって来たのだ。

 「JUMP」とはソウルでロングラン公演しているお笑い演劇

 劇場内は当然ながら撮影は禁止のため画像を見せることが出来ないから内容を簡単に伝えると、コミック・マーシャルアーツ・パフォーマンスという謳い文句通り、演者がテコンドーの技を見せながら吉本新喜劇のような寸劇を繰り広げるというパフォーマンスライブ。

 セリフがほとんど無くって9名の演者がテコンドーと武術を取り入れて、分かりやすいドタバタ演技とリアクションで笑いを繰り出し展開していくコメディストーリー。

 そりゃもうずっと、めっちゃ笑ってた。

 演者全員の身体能力の高さが成せるパフォーマンスは迫力あるし、オーバーリアクションが笑いを誘う。客イジリもあり会場全体が一体化してストーリーに夢中になる大爆笑な作品だった。

 これは世界中のどこでも通用するパフォーマンスだと思うので是非ワールドツアーを展開してもらいたいもんだな。

RIMG2141
 グッズも人気商品だと思うがそんなには売れてなかった

RIMG2142
 本日の演者達 毎回違う役者が出演するみたい

IMG_20190920_212730
終演後サイン会とのことで購入したサイン色紙 正拳突きで割ってた板を使用

RIMG2143
 いや、ほんとに面白かったからもうソウルはこれでお腹いっぱいだな。

RIMG2144
 ソウル駅へと地下鉄で移動し、今夜の寝床であるシロアムサウナを目指す。 

RIMG2148

 ここは知る人ぞ知る、格安で寝泊まりが出来る24時間のチムジルバン健康ランド。

 1700円で次の日のお昼までいられるし、サウナ各種に大浴場、寝るところもあるし充電も出来るしレストランも24時間。

 文句のつけようのない快適空間だった。

RIMG2149
 日本人もヨーロピアンも地元民にも大人気

RIMG2158
6階分の施設なので夜に着いたら時間が足りない

IMG_20190921_000752
 -11℃の冷凍サウナ室

IMG_20190921_000716
 86℃の高温サウナ室

IMG_20190921_000930
 小石が熱すぎて全然長居出来ない

RIMG2151
 夜食にはビールと燻製玉子

IMG_20190921_100010
 スンドゥブチゲ定食は激辛で美味かった

 韓国8日目

 午前中に安東の新世洞壁画村の散策をして、午後からソウルへバス移動。

 ソウルに着いたらちょろっと明洞探索で、夜はお笑いパフォーマンス「JUMP」鑑賞。

 シロアムサウナには22時半に入店し、なんだかんだ風呂入ったりサウナ入ったりして気が付けば夜中の3時・・・・

 久しぶりに遊び倒した感のある1日となりましたわいな。

RIMG2146

 Soul,Korea 20/sep/2019  From Naokys!
 
 2019年・ナオキーズ!旅日記第4弾!! 

 『 台湾韓国周遊見聞録 』

 16日間もあれば、近場のお手軽海外旅行で台湾と韓国の2か国それぞれ1周できるんじゃあないの?ってな具合で計画したら思ったよりタイトなスケジュールに追われるハメに・・・・

 怒涛の『台湾韓国周遊見聞録』の旅。
 
 2ヶ国をぐるっと周った観光スポット巡りをどーぞお楽しみあれ!!

  胸躍る最新放浪旅日記を配信中!


     ランキングに参加しています!

  面白かったらポチッ とな 

    


   
   放浪記 ブログランキングへ

    
    にほんブログ村 旅行ブログへ
    にほんブログ村



『 台湾韓国周遊見聞録・ⅩⅥ 』


 「 安東新世洞壁画村 」

 9月20日 前編

 午前中に安東駅の近くにある壁画村をぐるりと回ってきた。

 韓国にはどういう訳だか民家の壁や道路際の壁に絵を描くアートが流行っているようで、だいたいどこの街に行っても一か所はこういった壁画村というのがある。

 「村」といっても、ただの住宅街なのだが。

KIMG8711

 壁画村はどこだ?と街中を探していると、いきなりこんな風に街が壁画アートになっている一角に出くわす。

IMG_20190920_113806
 
 だいたいこういったようなトリックアートが多いんだけど、ここの壁画村はトリックアートより綺麗な普通の壁画が多かったって印象だ。 
 
RIMG1996
 パクリっちゃーパクリなんだろうけど許される範囲

RIMG2000
 案内板を見つけたが読めん でもコースになっているのは分かる

RIMG2001
 これが壁画のレベル 寄れば普通に絵画として観れるよ

RIMG2004
 本物のブドウと架空のブドウ ひとつのトリックアートである

RIMG2005
 いや、誰やねん おっさん・・・・

RIMG2009
 そして壁画の域を越えてきた

RIMG2013
 壁画から逃げ出すヤツも出てきたぞ!

RIMG2015
 休憩所兼展望台があった

RIMG2014
 時間が無いぞ!

RIMG2031
 急げ 急げ!

IMG_20190920_120212
 ちょっとだけ怖かった

RIMG2028
 壁をめくると別次元が出現する

IMG_20190920_120510
 えーー?そんなところにお宝が!?

RIMG2033
 小学校の校舎にも落書き、いや、アートを描く心意気

RIMG2043
 壁画が動いた!?と思ったら韓国のおばちゃんだった…

RIMG2047
 急に変わる画風に驚く アメコミ調は似合わん

IMG_20190920_115347
 
RIMG2055

RIMG2049
 トリックアート三連発

 安東新世洞壁画村、坂道の多い壁画村だったよ。

 ツーリストなんかひとりもおらず、住民もそんなにいない静かな一角。でもしっかり住宅街だから間違った道の突き当りなんかが民家で気まずい場面もちらほら。

 一応コースになってはいるみたいだけど案内表示がハングルなもんで正解が分からんかったのよ。

 これまで何気に見てきた壁画の中では一番数も多くて多種に渡ってた。

 まあ・・・・これからもがんばって下さい

KIMG8710
 安東の街はマンホールの蓋からしてこれだからアートな街でOK

 Andong,Korea 20/sep/2019  From Naokys!
 
 2019年・ナオキーズ!旅日記第4弾!! 

 『 台湾韓国周遊見聞録 』

 16日間もあれば、近場のお手軽海外旅行で台湾と韓国の2か国それぞれ1周できるんじゃあないの?ってな具合で計画したら思ったよりタイトなスケジュールに追われるハメに・・・・

 怒涛の『台湾韓国周遊見聞録』の旅。
 
 2ヶ国をぐるっと周った観光スポット巡りをどーぞお楽しみあれ!!

  胸躍る最新放浪旅日記を配信中!


     ランキングに参加しています!

  面白かったらポチッ とな 

    


   
   放浪記 ブログランキングへ

    
    にほんブログ村 旅行ブログへ
    にほんブログ村



『 台湾韓国周遊見聞録・ⅩⅤ 』


「 安東河回村 」

 9月19日 

 世界文化遺産安東河回村は600年の歴史があり、当時と変わらぬ生活を貫き通していたら世界遺産として守られることになった村。

 もちろん村人も先祖代々この地に住み、ここで培われた伝統芸能こそが仮面劇の「河回別神グッ」重要無形文化財だ。
 
RIMG1724
 
 河回村に入村する前に、まずは隣接する「河回世界仮面博物館」へ行こうではないか。

 はっきり言ってコーフンしている。世界中の人形劇、仮面劇、舞踏などの伝統芸能をこの命尽きるまで見尽くしてやろうと常々思っている民族伝統芸能研究家・ナオキーズ!はこの博物館の名前を聞いただけでも血が騒ぐのに、そいつが今目の前で、「早よ、入れ」と口を開けて待っているのだよ。

IMG_20190919_112052
 コーフンして入館してすぐに自撮り 

RIMG1730
 韓国にはまだ見ぬ仮面が存在しているらしい

RIMG1733
 こんなヤツラに街でカラまれたら有り金渡すよね?

RIMG1738
 河回仮面劇に使われる伝統お面

RIMG1741
こんな感じで踊るのか 生ライブが楽しみである
 
RIMG1758
 中国 京劇のお面

RIMG1762
 タイランド 仮面舞踏劇の衣装とマスク

RIMG1767
 インド ラジャスターン地方の人形劇のやつ

RIMG1771
 ベトナム ハノイの水上人形劇

RIMG1776
 インド 各地方の神様マスク

RIMG1778
 スリランカ コーラムの仮面舞踏劇

IMG_20190919_110806
 インドネシア バロンダンス

RIMG1790
 モンゴル 宗教的仮面舞踏チャム

RIMG1791
 チベット 密教仮面舞踏

RIMG1795
 スペイン 仮面舞踏会

RIMG1811
 ラテンアメリカ アステカから現代までの仮面の数々

RIMG1773
 日本 見慣れてるけど怖い系の面

RIMG1805
 アフリカ 暗黒大陸を感じるアミニズムさ

KIMG8656
オセアニア 狂気の原住民・マッドマン やべー

RIMG1775

 河回世界仮面博物館、なんという楽しいミュージアムなのだろうか。

 世界中の国立博物館やら民俗博物館やらのひとつの展示コーナーとして存在してたり、小っちゃな個人経営の仮面舞踏家たちが営んでる博物館とかは行ったことあるけどもこんな規模ではない。ここまで世界中の仮面マスクに特化した博物館にはお目にかかったことはかつて無く感服する次第でありました。

 1Fは韓国のマスク展示で2Fは世界のマスク展示。

 収集癖のあるナオキーズ!は自分の知ってるモノ達がこうやって一堂に会すのを観てよだれダラダラ垂れてました。

 だって大好物なんだからしょーがねえ!

RIMG1821
 コーフン冷めやらぬのでランチタイムで小休止

KIMG8658

 安東名物・焼塩サバ定食 ホッケサイズの塩サバは骨までカリッカリなのに身は分厚くて柔らかくてホクホクだ。納豆汁は臭いけど日本人向けの味。小皿がコリアンしてる以外は日本食だよ。

RIMG1834
 河回村のお散歩開始

IMG_20190919_125834
 ライスフィールドが広がり青い空も広がる

RIMG1835
 村というよりもこじんまりとした小さな集落 

RIMG1841
 自販もあってちゃんと生活が根付いてる

RIMG1845
 ツーリストさえいなきゃ本当にのどかな田舎

IMG_20190919_131522
 沖縄の離島みたいにゆるいぞ

RIMG1852
 ちゃんとした教会もあります

IMG_20190919_130635
 綿花畑も収穫の時期

IMG_20190919_131125
 カプサイシンが育ってます

RIMG1864
 ツーリストはカートを借りて村を周ることが出来るのだ

RIMG1875
 外貨獲得のためのお土産屋も常設

IMG_20190919_131817
 村には花があふれてた コスモスも大量

RIMG1896
 自宅を花で飾る人生の余裕

RIMG1901
 村唯一の市場 なんでも売ってるって訳でもない

RIMG1912
 無駄なくぐるりと1周しながら村を見学することが可能

RIMG1860
 迷うほど広くないが看板もあるよ

KIMG8660
 村の川向こうにある芙蓉台

RIMG1911
 
 安東河回村、訪れた日は天気も良かったし空の青と瓦屋根のグレーと田畑の緑がマッチしてのどかでのんびりとした気持ち良い村だった。

 もちろん観光客だらけなのは致し方ないが、生活している村人に迷惑な存在と思われたくないよね。世界遺産に登録された村に住むのってどんな気分なんだろう。

 窮屈そうな気もするけどこの村はみんなゆる~~くやってんだろうなって思うよ。

RIMG1932
 そして本日のメインイベント「河回別神グッ」始まる

IMG_20190919_140150
 楽団に率いられいきなりリフトで登場はカクシ(閣氏)だ

RIMG1935

KIMG8664

 暴れ牛の決闘とその2頭を倒した男が牛を解体して切り取った金玉を客席に売りつけるオーディエンス参加型小芝居。

KIMG8666
 
KIMG8669

KIMG8667

 頃合いをみて客席にチップをねだりに来るカクシ(閣氏) 一人で1周してかなりの荒稼ぎを見せそのまま裏手へ消えて行った。

KIMG8677

KIMG8681

KIMG8684

KIMG8687

KIMG8686

 小娘と坊さん 修行中の坊主の近くで野ションする小娘。聖水の匂いに女の存在を感じ取り地面に染み入る聖水を直に嗅いで性的欲望を抑えきれなくなった坊主。小娘を追いかけ捕まえて、頼むからヤラせてくれと懇願する一幕。

KIMG8693

RIMG1946

 ドリフのいかりやと仲本両者の名コント張りのバカ兄弟の話。バカというのか少し足りないというのか、とにかくシンプルなバカだった。

RIMG1937
 
RIMG1942

RIMG1951

 河回別神グッ、5人の楽器隊の演奏に合わせて、日常に起こりがちな簡単な小芝居の演目がいくつか続き幕は閉じていく。

 これらの演目のオチはどんな内容だろうと全部一緒で、なんの解決もなくドラマもなく、最後にはどうにもならないんだったらみんなで踊って遊んで帰りましょうってバカ騒ぎしてウヤムヤにしていきなり終わるという力技な内容の仮面劇であった。

 しかし、これだからこそ。このどこにでもある悩みや喧嘩、日常でよく目にしたり話に聞いたりするたいして大きくならない話こそが一般受けする内容であり、600年も続く伝統芸能と成り得たのだ。

 昔から人間の本質は変わらないんだからな、単純な話ってのは誰もが経験するから体験として共感できて一番伝わるもんなんだよ。

KIMG8698
 喜び勇んでツーショット撮ったけど中の人おばちゃんだった…

KIMG8708

 時間があったので河回村の向かいにある芙蓉台の展望エリアまで登ってみた。

 眼下には河回村がミニチュアみたく広がっててとてもカワイイ。村を眺めてカワイイなんて思ったのは初めてだった。みんなここまで登ってくればイイのになぁ。

KIMG8704


KIMG8702

KIMG8703
 絶景カナ、絶景カナ

 韓国7日目

 世界遺産満喫したし、無形遺産の河回別神グッも衝撃的だったし、なんといっても仮面博物館がたまらなかったなぁ。。。

 身も心も満喫満足で満たされたので残るは胃袋を満腹にしよう。

 旅友Rちゃんと夕食の時間に待ち合わせ、これまた安東名物・韓牛の焼肉を喰いに駅前カルビストリートへと繰り出した。

KIMG8709
 
 骨付きカルビ、ヤンニョムカルビ、冷麺、納豆汁、甘酒シッケ、小皿各種にエゴマ。思い出すだけでも腹が減る韓牛祭りとなった。

RIMG1985
 
 Andong,Korea 19/sep/2019  From Naokys!
 
 2019年・ナオキーズ!旅日記第4弾!! 

 『 台湾韓国周遊見聞録 』

 16日間もあれば、近場のお手軽海外旅行で台湾と韓国の2か国それぞれ1周できるんじゃあないの?ってな具合で計画したら思ったよりタイトなスケジュールに追われるハメに・・・・

 怒涛の『台湾韓国周遊見聞録』の旅。
 
 2ヶ国をぐるっと周った観光スポット巡りをどーぞお楽しみあれ!!

  胸躍る最新放浪旅日記を配信中!


     ランキングに参加しています!

  面白かったらポチッ とな 

    


   
   放浪記 ブログランキングへ

    
    にほんブログ村 旅行ブログへ
    にほんブログ村



プロフィール

naokys!

はじめまして!             
 旅好き、アジア好き、遺跡好き、神社仏閣好き、大道芸好き、パフォーマンス好き、民族音楽好き、倍音好き。

 人生どうにかなりそう!アジア人を見てそう思い、楽観的・わがままになってゆる~い人生、テンションあげて生きてます。

 あぁ、もう残り半分。 旅に出ねば。 

ギャラリー
  •  『 弾丸ソウル 』
  •  『 弾丸ソウル 』
  •  『 弾丸ソウル 』
  •  『 弾丸ソウル 』
  •  『 弾丸ソウル 』
  •  『 弾丸ソウル 』
最新コメント
メッセージ

名前
本文
  • ライブドアブログ