「 旅の終わりはいつも帰国が嫌になる 」


RIMG6312

 夜の7時半頃にスリランカ・バンダーラナーヤカ国際空港を飛び立ったスリランカ航空は、日本時間の朝7時半に成田第2国際空港へ降り立つ。

 時差の関係で12時間だが、実際は8時間半のフライト時間だった。

 さっかくの窓側シートもほぼ夜なので意味がない。

 それでも窓側を所望してしまうのは一瞬でも空からの景色を楽しみたいからなのだ。

 俺は雲を上から眺めるのがものすごく好きで、空から見る天然の世界地図のような大地を眺めるのも好きなのだ。


KIMG6991

 はたして窓からは何も見えんかった・・・・


RIMG6316

RIMG6319

 機内ミールは夕食と朝食の2回。

 寝れば良いものを、メシ喰いながら映画を3本も観ているとあっという間に夜が明けて、日本の上空を漂っていた。


KIMG6993

 UFOが飛んでいないかのチェックも怠らない。

 
KIMG7007

 雲のかなたに富士山。

 いや~、帰って来ちゃったよ~~


KIMG7012

KIMG7014

 雲に突っ込む寸前。

KIMG7016

 雲を抜けたら旅も終わり。

KIMG7017

 我が故郷、日本。 九十九里浜だ。


 16日間に渡る『スリランカピリ辛仏教巡り』の旅路が終了した。

 スリランカの旅で一番感じたことは、カレーが全然辛くないってことと、スリランカの人達がみんな穏やかで優しいってことだった。

 インドに近いもんだから、もっとガサツな国かと思ってたもんでギャップもある。

 でも、旅の最中、どんな些細な事も、一度も嫌な目に遭わないというバックパッカー旅では貴重な、稀な体験をさせてくれた国だった。

 やってはないけどアーユルヴェーダとか、行ってはないけど紅茶工場とか宝石掘りとか、食事も辛くないし、女子にはおススメの旅行先だな。

 男は黙ってサーフィンだ。



KIMG6519

 スリランカ。

 是非、もう一度訪れたい国のひとつとなりました。

 さて、次はどんな冒険をしようかな!?
 

 Sri Lank to Narita,japan  22~23/sep/2018  From Naokys!
 
 あの忘れられた名旅ブログ ナオキーズ! 『 ぶらっと、旅る。 』

 2018年早秋、ナオキーズ!俺旅の目的地は激辛と噂の仏教アイランド・スリランカ。

 『スリランカピリ辛仏教巡り』の旅の最終章!!


  胸躍る最新blog配信❗❗



     ランキングに参加しています!

  面白かったらポチッ とな 

    


   
   放浪記 ブログランキングへ

    
    にほんブログ村 旅行ブログへ
    にほんブログ村