ぶらっと、旅る。 

   人生の半分を夏休みに捧げたいアラフォーバックパッカー、The naokys!  過去に辿った一人旅を焼き増ししたり、これから行くであろう冒険浪漫な旅路をドドドッと書き綴る狂い咲き旅日記

          ~  The naokys! presents  俺旅  ~

2019年08月

『 台湾台北ふわり旅・その参 』


    「 台北サード・3日目 」

KIMG8225

 朝8時。

 昨晩、眠りにつくのが遅くて今朝がどんなに眠かろうが、本日台湾台北ふわり旅最終日なもんで気合いで目を覚ましシャワーで無理やり覚醒だ。

 我らがゲストハウスの最寄駅でもあるMRT雙連駅のそばには、朝市で有名な雙連市場が早朝から立っている。そんな良い朝食スポットがあるんだから朝が苦手な我々4人組も最終日くらいは頑張ったのである。

line_756918593985
喰い物、食材、雑貨 なんでもござれの無法地帯

line_757508011642
 朝から太ももとはよだれが止まらぬ

RIMG8464
 惣菜パン屋さんとスイーツの店

RIMG8466
 豚足と鶏足とかの美味そうな煮込みたち

RIMG8469
 その場で絞ってくれるジュース屋さんでビタミン摂取だ

RIMG8473
 地味なカラフル魚たちも良いがやっぱりオイスターちゃん(※右下)

RIMG8472
 長いスイカは得した気分になること間違いなし!

RIMG8476
 烏骨鶏?灰色が気になるがフライドすれば全部同じか・・・・

IMG_20190702_095326
おこわと生春巻 朝から重いが胃袋は満たされた


 朝メシのあとは午前中に博物館に行く算段。

 もちろん台北と言ったら国立故宮博物院に他ならないが、我々4人組(特にナオキーズ!)のメインは近くの順益台湾原住民博物館だったりするのだ。

RIMG8490
 ここはほんとおまけで来たようなもん

IMG_20190702_104348
白菜の宝石 ポイントはキリギリスのアクセント

IMG_20190702_104419
 豚の角煮の宝石 いかに美味しそうに眺めるかがコツ

 この2つさえ見たらもうお腹いっぱいなのですぐに移動してメインの順益台湾原住民博物館へ。

 ここは正直ナオキーズ!の趣味の範疇である民族楽器「口琴」観たさのチョイスである。台湾では原住民が使用している口琴が絶滅しており博物館にしかないとの情報だったので是非訪れたいと常日頃から恋焦がれていた場所である。

IMG_20190702_113155

RIMG8508
 こんな絵にも涙 タイヤル族なのね

IMG_20190702_114127
 竹製の口琴 実物(売ってくれねーかなぁ)

RIMG8494
 実は口琴とは世界中に分布する起源不詳の民族楽器なのだ

IMG_20190702_113909
 アイヌのムックリ同じと紐引っ張り奏法

RIMG8499
 ちなみにこんな鼻笛もあった いや口使えよ!


 マニアックな趣味に気持ちが満たされてもお腹は満たされない。お昼ご飯は台湾料理の老舗・欣葉(シンイエ)へレッツゴーだ。

IMG_20190702_132944
 この店の看板娘 卵を抱えたカニちゃんのおこわが絶品

RIMG8513
 この角煮こそ国立故宮博物院で展示するべき国ぬ宝

RIMG8514
 安定すぎて惚れ直した海老とカシューナッツの姉妹

RIMG8518
 チャーハンの美味しいお店は未来永劫繁栄する法則

RIMG8517
 台湾バーガー・グアバオ コンビニで常時販売しておくれ

RIMG8512

 我々4人組が台湾料理に舌鼓を打ち腹太鼓を奏でていると外の様子がいつもと違う。なんとけっこうどっさりと大雨が降っているようなのだった。

 最終日の最後に雨模様とは残念かと思うが、ランチタイムのあとの午後からの予定は、もうお土産を買って空港へ向かうくらしかないのでやっかいなものではなかった。

 お世話になったゲストハウスからバックパックを背負い最寄りの雙連駅へ。

 そこからはエキチカの中山地下街に入り、軒を連ねているショップを冷やかしつつ歩いて行けば雨に濡れることもなく台北車駅に辿り着き、そのままMRTで桃園空港へ行くことが可能なのだ。

RIMG8522
 だがしかし 駅までに寄らねばならぬ所がある!

RIMG8525
 そこはどこかと言いますと・・・・

RIMG8527
 みんな大好き氷屋さん マンゴーシェアホワビン(芒果雪花氷) 氷は牛乳味のフワフワ氷

line_759402621276
 台北最後の食事はデザートのマンゴーかき氷で旅と気持ちにシメ

line_759606747630
 氷が口のなかであっという間に行方不明だ

RIMG8528
 2駅分の距離あるけど飽きない地下街

RIMG8529
 雨に濡れた台北車駅の外観と街 なんだかさみしくなってきた

RIMG8537
   ばいばい 台湾
 
 さて、今回の旅。

 旅人ナオキーズ!と言えばいつもはひとり旅というのが定番なんだが、たまには数人でつるんで遊びに行くのも面白い!

 何よりいろんな種類の飯喰えるのがイイし、タクシ―割り勘が神憑ってた(笑) バスとかでちまちま移動しなくて済むのはありがたい。

 あと終始さみしくない。。。 これに限るな

 再見


RIMG8556
   ただいま 日本

 Taipei,Taiwan 02/jul/2019  From Naokys! 


 2019年・旅日記第3弾、最新作は『台湾台北ふわり旅』!!

 初夏に訪れた旅先は台湾・台北2泊3日の弾丸自主的なツアー。

 今回はひとり旅ではなく男4人の珍道中。

「ちょっと小龍包喰いに行こうぜ!」誰が言ったか名台詞。

 あっという間に台北行きが決まりあっという間に帰って来た『台湾台北ふわり旅』お楽しみあれ!!

  
  胸躍る最新放浪旅日記を配信中!


     ランキングに参加しています!

  面白かったらポチッ とな 

    


   
   放浪記 ブログランキングへ

    
    にほんブログ村 旅行ブログへ
    にほんブログ村





『 台湾台北ふわり旅・その弐 』


    「 台北セカンド・2日目 」

RIMG8354


 昨晩夜更かしをし過ぎたせいなのか、それとも旅行初日の疲労が溜まっていたのかは定かではないが、2日目に我々4人組が目を覚ますと驚くべきことに午前も終わろうかという11時を回っていた。

 少ない旅日程の貴重な中日の午前中が消えていたのだが、我々4人組はのんびりとシャワーを浴びつつ、午後からはがんばって遊ぶぞと、計画を組み直した。

IMG_20190701_132344

 腹が減っては戦も観光も出来ぬと、ランチタイムは小龍包界隈では世界的に有名な「鼎泰豊」をチョイスして、中華小龍包三昧の宴を繰り広げたのである。

IMG_20190701_140837

IMG_20190701_140924

IMG_20190701_141028
 賞味期限が18日間しかないという新鮮さが売りの台湾ビール

IMG_20190701_141305
 小龍包という名の小宇宙がせいろの中に10個も

line_752362940654
 アツアツ極旨エキスを上部から吸い出し歯応えのある肉とそれを包み込む…文字数

IMG_20190701_141746
口直しにピッタリなトマトと卵のやさしいスープ

IMG_20190701_141756
 中華街?いや、ここは台湾!と納得のジャージャー麺

IMG_20190701_142340
 鼎泰豊(ディンタイフォン)の影番長ことエビチャーハンは一口喰ったら忘れない

IMG_20190701_142216
 この世の癒しとは酸辣湯麺のことを言う

IMG_20190701_142116
 カニが包まれた小龍包は見つけたら即買いだ

IMG_20190701_142239
 仙人が仙人のために仕立てた薬膳鶏スープをすすれば寿命が2日は延びる

IMG_20190701_150040
シメのデザートにこしあん小龍包 もはや暴君

line_752816215810

 さすが名店と言われるだけあり全ての料理がパーフェクトでお腹もいっぱいだ。

 幸せな胃袋の余韻を感じながらさっそく観光ツアーに出向いた我々4人組がまず向かったのは、超広い敷地の中に超広い広場と超デカい建物が訪れた者を圧倒する中正紀念堂だ。

RIMG8381

KIMG8212
 蒋介石の成せる業だよ紀念堂と芸文広場

RIMG8368
 現役で使われている大劇場

RIMG8370
 正門牌楼は自由広場への入り口の門

RIMG8372
 音楽ホールならこちらの館をどーぞ

KIMG8196
 自撮りを撮る人とそれを撮る人を撮る人を激写した貴重な1枚

line_754270341851
 
 紀念堂内部を警護する衛兵の交代式を見たり、動かぬ衛兵の前ではしゃいで怒られたり、我々がミニチュアになったかのような錯覚を感じるほどの規模の大きさにテンションもあがった。

 そしてそれを遥かに上回る巨大な晴天の抜ける空が気持ちをダイナミックにさせてくれたのだ。

 そんな懐の大きな男たちとなった我々4人組がさらに高みを目指そうと次に訪れたのは、地上101階・高さ508mという台北のランドマーク。
 
 そう、台北101と呼ばれる巨大ビルヂングであった。

KIMG8217

RIMG8399
 タワーとのツーショットはとにかく下から被写体を狙う

KIMG8218
 時速60kmのエレベーターは展望台までわずか38秒

RIMG8408
 当然だが台北市街が360℃見渡せる絶景

RIMG8401
 つい「この街は俺のもの」とつぶやいてしまう

IMG_20190701_172815
 高いところから眺める景色が子供の頃から好きなのだ

RIMG8413
 バンジーと叫びたくなる展望台のさらに上の屋外展望台

RIMG8414
 ガラス越しじゃない景色が目の前に!!


 大きさと高さに圧倒され気持ちが高ぶったまんま夕方になり、少々クールダウンを兼ねてゲストハウスで小休止を挟んだ。

 そして心機一転、我々4人組の夜の部は始まる。まずは伝統劇である京劇鑑賞へとタイペイアイという劇場を訪れたのだ。

IMG_20190701_210822

 本日鑑賞できた京劇は「白蛇伝」という名の妖怪と人間のラブストーリー。

 ステージ横に日本語の解説が出てくるのでセリフも内容も舞台構成も理解出来るし、繊細な表情や動きで気持ちを表現したり、舞台狭しとアクロバットの連続で我々を魅了したり、あっという間の1時間で終演が名残惜しかったのだが、結果と言うか、え?この先の物語の結末はどうなるの???といった謎の終わり方でモヤモヤしたままとなってしまった。

line_755179700184
 舞台前のお化粧シーンが前座

RIMG8426
 とにかく全身の動きに意味がある

RIMG8427
 前半はストーリー重視 後半はアクロバットの見せ場連発

RIMG8433
ドタバタで勝手に大団円に持ってかれてしまった

line_755379032475
 近くで見たら驚くほど肌がきれいだった

line_755567196694
 結果、楽しそうでなによりだ


 大好きな伝統芸能に気持ちが満たされてもお腹は満たされない。今宵はまだ始まったばかり、夜はこれからだ!と台北最大の夜市・士林夜市へ乗り込んだ。

 しかし我々4人組のうちの2人が屋台街の臭気にやられ意気消沈。。。 台湾の屋台街を堪能出来ないなんてかわいそ過ぎるが、代わりに元気な腹減り2人組が買い喰いで鋭気を養った!

IMG_20190701_213949
 観光向けだろうが台北一の夜市マーケット

RIMG8438
 夜市とか市場とか歩いてるだけでテンション上がる

RIMG8440
 さすがに人だらけ でも毎晩通いたい

RIMG8441
 お祭り屋台みたいに買う店を迷うのもひとつの幸せ 

RIMG8442
 臭気に毒され続けた彼らはついに動かなくなってしまった

RIMG8446
 タコ足回転焼き 1本丸々美味い~~

RIMG8450
 胡椒餅は台北ではマストフード

RIMG8449
 胡椒餅の外皮は熱々のカリカリで中身は幸せがぎっしり

RIMG8447
 ヌードルのお粥みたいな麺線屋台はトッピングで好きな味へメタモルフォーゼ


 なんだかんだ言って士林夜市を堪能した我々4人組はひとまず宿へと戻ったのだが、まだまだ喰い足りない腹減り2人組は宿の近場でも買い喰いを重ねた。

RIMG8454
 揚げたてのフライドチキンを狙う腹減り君

RIMG8458
 カキオムレツはシンプルだが贅沢だ  

RIMG8459
 お弁当箱開けてこれが出てきたらうれしいよね


 台北2日目は午後からの遅い観光スタートとなったがぐったりするほど充実で濃厚な時間を過ごせた。やはり旅の日常は濃いのな。

 そんな夜型になってしまった我々4人組はまたしても宿への帰宅が深夜3時近くになるという愚行を起こしてしまうが、これこそが面白可笑しく生きるということに他ならないのだろう 

RIMG8422


 Taipei,Taiwan 01/jul/2019  From Naokys! 


 2019年・旅日記第3弾、最新作は『台湾台北ふわり旅』!!

 初夏に訪れた旅先は台湾・台北2泊3日の弾丸自主的なツアー。

 今回はひとり旅ではなく男4人の珍道中。

「ちょっと小龍包喰いに行こうぜ!」誰が言ったか名台詞。

 あっという間に台北行きが決まりあっという間に帰って来た『台湾台北ふわり旅』お楽しみあれ!!

  
  胸躍る最新放浪旅日記を配信中!


     ランキングに参加しています!

  面白かったらポチッ とな 

    


   
   放浪記 ブログランキングへ

    
    にほんブログ村 旅行ブログへ
    にほんブログ村





『 台湾台北ふわり旅・その壱 』


   「 台北ファースト・1日目 」

KIMG8158
 
KIMG8161


 我々4人組が乗り込むべく羽田発の格安ピーチエアの出発は、離陸が遅れること2時間・・・・

 しかし、東京とはうって変わり到着した台北は心配された雨予報などどこ吹く風のお天気だった

line_741669924096


 だがしかし、午前中から遊びまくる台北満喫作戦は早くも計画が頓挫!

 ひとまず市内へ向かいゲストハウスにチェックイン。午後から計画の立て直しだ。

RIMG8247
  我々のベースキャンプとなるゲストハウス

RIMG8248
 4人仲良くドミトリーベッド

line_742868562689

 4人割り勘で相当お安くなるタクシーで観光地・十分まで50分かけてすっ飛ばした。

 そこは平渓線というローカル鉄道が走る小さな駅・十分駅の周辺で、小さな町ながらもランタン(天燈)あげで有名な観光地だ。

RIMG8289
 十分のメインストリート(線路) ここがすべて 

RIMG8267
 空には無数のランタンが飛び交っている

line_746080951334
 我々もさっそく勇んでブチ上げた

line_747496804875
 それぞれの願いを一筆したため舞い上がってどっか飛んでく

line_748026444823
 ちなみにこの路線は普通に列車が来る 浮かれてるとあぶないのだ

RIMG8278
 町を観光しつつ・・・・

RIMG8304
 十分駅からローカル線に乗り次の目的地へ

 お次の観光地は台湾を代表する観光地と言っても過言ではない、セントチヒロの湯婆婆の経営する湯屋のモデルとなった茶楼がある九份へGO

IMG_20190630_183046
 到着したのはちょうど良い夕陽の沈む時間

RIMG8320
 基山街から街歩きスタート

RIMG8326
 土産屋が並ぶ坂道小道

RIMG8324
 強烈な匂いを放つ臭豆腐 姉ちゃんもマスク着用だ

IMG_20190630_193651
 赤提灯がノスタルジックな道が続く

RIMG8330
 阿妹茶楼が湯屋のモデルのお店

RIMG8332
 湯婆婆の湯屋の外観 中身は喫茶店だ

RIMG8338

 午後からは予定を取り戻し観光三昧。

 楽しくて時間を忘れるが気が付いたら夜なので一路台北市内のゲストハウスへご帰宅だ。

 宿から歩いて3分くらいのところにローカル民に人気な寧夏観光夜市がある。夜食へと繰り出し夜はまだまだ終わらない。

RIMG8345
 何を喰うのか迷うほどいろいろあってうれしい夜市

RIMG8344
 屋台街にはゲーセンもある

RIMG8347
 肉も好きな部位が喰えるがどこの部位だかよく分からないラインナップ

RIMG8349
 シーフードグリルと言う名の焼き貝各種 

IMG_20190630_223509
 焼きホタテと焼きカキに舌鼓の連打だ

IMG_20190630_231701
 マンゴーアイスかき氷(美味い)

IMG_20190630_231642
 キンモクセイかき氷(微妙味)


 初日からはしゃぎ過ぎてゲストハウスに戻ったのは夜中の2時。

 シメの足つぼマッサージで溜まった疲れは全部リセットでチャラだ

RIMG8353



 Taipei,Taiwan 30/jun/2019  From Naokys! 


 2019年・旅日記第3弾、最新作は『台湾台北ふわり旅』!!

 初夏に訪れた旅先は台湾・台北2泊3日の弾丸自主的なツアー。

 今回はひとり旅ではなく男4人の珍道中。

「ちょっと小龍包喰いに行こうぜ!」誰が言ったか名台詞。

 あっという間に台北行きが決まりあっという間に帰って来た『台湾台北ふわり旅』お楽しみあれ!!

  
  胸躍る最新放浪旅日記を配信中!


     ランキングに参加しています!

  面白かったらポチッ とな 

    


   
   放浪記 ブログランキングへ

    
    にほんブログ村 旅行ブログへ
    にほんブログ村





プロフィール

naokys!

はじめまして!             
 旅好き、アジア好き、遺跡好き、神社仏閣好き、大道芸好き、パフォーマンス好き、民族音楽好き、倍音好き。

 人生どうにかなりそう!アジア人を見てそう思い、楽観的・わがままになってゆる~い人生、テンションあげて生きてます。

 あぁ、もう残り半分。 旅に出ねば。 

ギャラリー
  • 『 台湾韓国周遊見聞録・ⅩⅧ 』
  • 『 台湾韓国周遊見聞録・ⅩⅧ 』
  • 『 台湾韓国周遊見聞録・ⅩⅧ 』
  • 『 台湾韓国周遊見聞録・ⅩⅧ 』
  • 『 台湾韓国周遊見聞録・ⅩⅧ 』
  • 『 台湾韓国周遊見聞録・ⅩⅧ 』
最新コメント
メッセージ

名前
本文
  • ライブドアブログ