ぶらっと、旅る。 

   人生の半分を夏休みに捧げたいアラフォーバックパッカー、The naokys!  過去に辿った一人旅を焼き増ししたり、これから行くであろう冒険浪漫な旅路をドドドッと書き綴る狂い咲き旅日記

          ~  The naokys! presents  俺旅  ~

2015年01月

 『 インド道 ファースト 』‏


 
  「 ブッダ・仏陀・ブッダ 」 2009年5月20日~5月26日
 
DSC00651
                オーパーツハンター ~さびない鉄柱~ in デリー


 俺の母方の祖父、悟じいちゃんは筋金入りの日蓮宗大好きっ子だ。

 それこそ何十年も毎朝毎晩「南無妙法蓮華経」とお題目を唱え続けた近所でも評判の念仏じじいだ。
 
 そんなじじいの念仏が2009年の1月に聞こえなくなった。

 どんな病気もお題目さえ唱えていればたちどころに治っちまうと豪語し、かつそれで数々の病を克服してきたのだったが、ついにその思いも叶わず93歳の若さで逝っちまった。
 
 以前、俺がインドに行った際、仏陀が覚りをひらいた地ブッダガヤでのお土産として、菩提樹の葉っぱをあげた事がある。

 その後で聞いた話だが、じいちゃんも仏陀が歩いたところに行ってみたいなぁなんてような事をぼやいてたらしい。
 本人に直接聞いた話じゃないが、悟じいちゃんの葬式の日にふとそんな事を思い出した俺は、ここぞとばかりに親戚一同を前にこう宣言したのである。


  「やあやあよく聴け皆の衆。 余計な世話かも知れないが、一度は夢見た天竺へ、志半ばで往けぬなら、同行しませう地の果てまでも。 はからずしも、誰より身軽なこの俺様。 行かずば代々不幸者。」
 

 はたして俺はインド行きを決意したのである。

 これはまさに今、インドに呼ばれたのだと確信して。


 これまでに3度インドを訪れていた俺は、インドでの非現実的な出来事をある事ない事語っていたのだが、それを聞いていて、インドなんか死んでも行きたくないと常々言っていたハニーも半ば強引に説得し、今回の旅に同行する事にしたのである。

 百聞は一見にしかず。

 行った事もないのに嫌いだとか言うな。 体感してみて心底嫌なら大嫌い宣言を出せと。


 そうして2人で旅の準備をしてる内に、‘‘悟じいちゃんの骨を仏教聖地に連れて行く’’ というメインテーマが、何故だか2人で仏教8大聖地をじいちゃん散骨しながら周って、2週間したらハニーは帰国して、そのあと俺は3ヶ月(当初の予定)かけて念願のインド1周というバックパッカー的要素がメインになってしまった。

 何故だろう、何故かしら。
 

 そんな疑惑的な計画を大インドが見逃すはずもなく、見事に旅期間の3ヶ月丸々雨季に突入というもっともインド1周しにくい時期になってしまった。

 雨季に入るまでだって酷暑期という悪条件があり、さすがの俺もハニーより行きたくない気持ちでいっぱいになる。

 しかし呼ばれた手前断るのもなんだし、ある意味旅行者も少なくって、雨が降るおかげで空気も多少綺麗になるだろうし、フルーツなんかもたわわに実るだろうと心をポジスイッチに入れ直したのだった。

 
DSC00570
                  AIR INDIAの窓はインド風でカワユス

 2009年5月20日。。。

 夕刻にデリー空港に降り立った俺ら2人は、もう沈みかける太陽の時間なのに狂おしい程蒸し暑く、排気ガスと埃まみれの酸素しか吸えないインドの街に言葉もなかった。
 

 いよいよ「悟道散骨会」のスタートの幕が切って落とされるのだが、まずは状況説明からだな。

 ブッダが覚りをひらいて説法しながら歩いた道程が今で言う仏教8大聖地となっていて、当時の仏教遺跡が主な見所となっている。
 ネパールの一部やインドの北東地方がその主な地域なのだが、ここら辺りは限りない大平野となっており、灼熱の大地のみ、という過酷な環境だ。
 しかしブッダが生きていた時代にはこの大地に16もの国があり、その国々をブッダは巡り歩いていたという訳である。
 

 その荒れた大平野に辿り着くまでに、まず俺ら2人はデリーから夜行寝台列車に乗って東へ約1000キロ、一晩かけて、パトナーというビハール州の州都を目指した。

DSC00702
                  列車内の売り子 豆と生野菜をスナック的に

DSC00712
                                     ぐったりハニー( ㊟→右側!! )

DSC00735
                           インドあるある


 パトナー駅を一歩外に出ると、埃舞う眼前におびただしい人々、オートリキシャ、サイクルリキシャ、車に馬車、大八車、牛そして100万匹の蝿が縦横無尽に行き交い、すべての車からクラクションやベルが各々のリズムで叩き出される混沌空間が広がっていた。


DSC00738
                    なにもかもが多すぎる・・・・


 この街はかつては大国マガダ国の古都だった土地だ。
 
 このカオスな街から日帰りバスで目指すは8大聖地のひとつ、ヴァイシャーリー。

 かつてはリッチャヴィ族の首都として繁栄していた地で、仏陀も何度も説法をしに訪れていたという。

 仏陀の死後、仏舎利(遺骨)を収められたストゥーパがこのヴァイシャーリーという辺鄙な村にあるのだ。


 バスに乗りパトナーの街を抜けるのに大河ガンガー(ガンジス河)を渡る。 が、いまは乾季で川幅はそれほどでもないが、ここを渡る橋の長さが全長5キロメートル以上もあるのだ。
 雨季にはその橋の下すべてがガンガーで満たされる事となるだろう。

 問題はその長い橋が工事規制で、上下線二車線あるうちの一つが工事中のため、一部片側通行になっていた事だ。

 インド人はその狭い通行可能な一つの車線に我先へと、10台だろうが隙間を見つけて突っ込んでくる。

 当然1台も通れずにそこから後ろにどんどん詰まってきて上下線の大渋滞が始まる。

 その渋滞は5キロもの橋全体を渋滞で埋め尽くす。

 基本ボロばかりな車体が多く、その渋滞の最中故障で立ち往生していたり、車幅1ミリ感覚で詰まってる車たちは接触事故を至る所で発生させ喧嘩が始まる。


 膨大な無駄が日常茶飯事で、橋を渡りきるのに1時間以上もかかった挙句に雨までもが降り出してきた。

DSC00749
                                           多少の擦り傷は気にならない・・・・
 

 雨降り続く中、3度もバスを乗り換えてようやく辿り着いたヴァイシャーリー。

 幹線道路の脇の小さな村のその奥の畑の中に、沐浴する池と、ストゥーパと、いくつかの国の仏教寺院がぽつりとあるのみだった。

DSC00769
                     この看板が8大聖地クオリティー

DSC00775
                    これ全部が親戚だって言ってた・・・・


 しかし、雨の中歩いて見るのは辛いと思いきや、そこを訪れた時にはすっかり雨もやみ、静かな気持ちの良い空間に早変わりした。
 

 そのストゥーパにて「悟道散骨会1」。 合唱。

DSC00783
                   もっとも古いストゥーパ跡
 

 帰りはバスの乗り換え、道路状況など、何故かとんとん拍子に上手く行き、行きに5時間半かかった道程
が2時間半で帰ってくることが出来た。

 おじいちゃん、ありがとう。

DSC00792
                     帰りのバスの快適な車内 
 

 翌日は、仏陀が雨季に身を寄せていた竹林精舎のある8大聖地のひとつ、ラージギルへと向かった。

 かつての大国マガダ国の首都ラージャグリハが栄えていた土地だ。


 しかし、またもや大雨が朝から降り続け憂鬱な気分にさせてくれている。

DSC00805
                 雨の中、屋根のある幸せ が、ワイパーはない


 雨の中、ラージキルに降り立つと、小さな町レベルでの雨水流れるその道には、ゴミとウンコがミックスされて川となり、歩くにもインド人の足じゃなきゃ太刀打ち出来ないような下水の道。


 インド入国6日目。 これまできっと我慢していたんだろう・・・・ バスを降り、惨状を目にしたハニーがついに泣いた・・・・
 しくしくと・・・・ も、もう耐えられないと・・・・ 

DSC00812
                   恵みの雨は道路の洗浄も兼ねた


 少し雨が弱まったのを合図に近場のナーランダへ。 ここは8大聖地入りはしていないが、当時1万人もの学僧がいて、あの玄奘三蔵法師も7年間学んだナーランダ大学の遺跡がある場所だ。

 日本から持参の田植え用スーパー長靴を2人で履いて合羽を着込んだ完全雨装備で観光だ。

 驚いたのはこの大雨の中、訪れる奴なんか誰もいねぇ、貸切だと思われたナーランダ大学の遺跡に、普通にインド人観光客が傘も指さずに幾人も訪れていた事だった、びしょ濡れで。
 
 完全雨装備の俺ら馬鹿みたいじゃんな。

DSC00828
                      ナーランダ大学の鬼教師 
 

 次の日も朝から雨だった。

 この町ラージキルは、何もない大平野のビハール州の中にあって、この辺りだけ5つのゴツい岩山に囲まれた不思議な土地だ。

 その岩山にラトナギリ(多宝山)とグリッドラクータ(霊鷲山)という岩山がある。

 このグリッドラクータ(霊鷲山)こそが、「悟道散骨会」メインの散骨場と決めていた。

 この山の山頂の一枚岩の上で仏陀が弟子を集め、初めて法華経を説いたと言われる所なのだ。

 悟道は日蓮宗。 日蓮宗と言えば言わずもがな法華経に他ならない。

 ここに撒かずしてどこに撒く? くらいのホーリープレイスだろう。


 少し雨がやみ始めて来たので期を狙って宿を飛び出て出発だ。

 馬車に乗り、岩山の麓までのんびりと進むうちに雨がやんできた。

DSC00861
                        馬車に乗る 歩くよりは早い


 まずはラトナギリの頂上へ登るのにロープウェイに乗るということになっていたが、実際はスキーのリフトが上まで延びてるだけ。
 どこがロープウェイやねん!っと何度も突っ込みを入れられていそうだ。

DSC00878
                     長距離スキーリフト


 しかしこれがびっくりするくらいの絶景。

 高度が上がる度に絶景度もぐんぐん上がってく。

 頂上に着いたら声も出ないくらいの眺めが眼下を覆うのだ。

 360度大平野がどこまでもどこまでも広がり、パノラマの地平線が円を描く。 

 晴れ渡る空が球状の地球を青く高く覆っていて、吹き抜ける風はどこから吹いてくるのだろうか。

 人間の作り出すものなど一切目に入らず、背の高いものは樹木のみという大自然の奇跡のジオラマだった。

DSC00889
                    360℃景色のほんの一部

 
 その隣の岩山グリッドラクータにも足を運ぶ。

 仏陀が法華経を説いたと言う一枚岩からの眺めは神の目線。

 そりゃこんな場所で、「俺、覚り開いてこんなこと知っちゃたからぁ、ちょっと教えてあげるよ」 なんてこの場で言われたら誰だって改宗するさな。

 とにかく37年間(2009年当時)生きてきて、こんなとびきりドデカイ大絶景を拝んだのなんて初めてで、心奪われて死ぬかと思ったよ。


 ずっと雨続きでどうなるかと思ったけど、悟じいちゃんもきっとここには来たかったんだろうなぁ。

 だから晴れさせてくれたんだよ、きっと。 サンキューだぜ。
 

 グリッドラクータの祭壇にて「悟道散骨会2」。 合唱。

DSC00915
                    ブッダもよくここまで来たもんだ                    
 


 なんだかんだと辿り着くまでは色々苦労ばっかだけど、ここぞって時にはしっかり上手くいく。


 仏陀と悟道と俺とハニーの心意気の調和の賜物か。


 本当は一から百まで上手くいって欲しいもんだが、それにはまだまだ修行が足りんのね。


 残り6ヶ所。

 まだ始まったばっかだぜ!


DSC00959
 
 
   
                                                            From Naokys!


  ※2009年5月20日から2009年10月22日までの五カ月間にわたった抱腹絶倒な大天竺一周の旅、あの名作【 インド道 】シリーズがリメイクされ、ナオキーズ!旅ブログ 『 ぶらっと、旅る。 』にて蘇る。
  
  毎週木曜日配信決定!!! 一遍たりとも見逃すな。

     おもしろかったら ポチッとな 

            ↓ ↓ ↓


          放浪記 ブログランキングへ

          にほんブログ村 旅行ブログへ  にほんブログ村

 『 インド道 』

{ 2009年5月 決意表明 }





 祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり

 沙羅双樹の花の色 盛者必衰のことわりをあらわす



DSC05376
 


 顔を見上げりゃ青い空 冷たく吹きぬく春風に
 思いを馳せる 雲に乗せ 続く先には大天竺

 夕日が沈めば黄金色 朝陽が昇って空は橙
 暗闇輝く満月に 戻ってくるぞと勇ましく

 生まれた土地は違えども 続く限りの道がある 黙って見過ごす意味は無し

 さらば 日本の夏よ 金鳥の夏
 雨風にさらされれば そりゃもう修羅の道

 切った張ったの渡世なれど 逃げ道の先にもまた光あり

 所狭しと駆けずりまわり 見たもの全てを記憶に残し
 あらゆるマサラを感じ取り あらゆる暴挙と対峙する

 人の生きるは何の為 幸せだけが人生か 全ての真実知ったところで

 青い春を終えた頃 体力勝負に勝ち目なく 
 それでも心踊るから 目指すは高みの大天竺

 お前が俺を呼んだんだ 俺には断る理由もねえ
 いつもの相棒 背中に背負って 
 混沌世界を放蕩三昧

 聖なる俗物 夢か悟りか シヴァのご加護があるのなら 
 咲かせて魅せます 煙り花

   姓は桜吹雪 名は三日月ノ介

 騙し騙され浮世の熱に 真正面から立ち向かい 極楽浄土をひた歩む
 これぞ漢の華道と

   
   誰が言ったか インド道






DSC01338



  ※これにて、2009年5月20日から2009年10月22日までの五カ月間にわたった抱腹絶倒な大天竺一周の旅、【 インド道 】 シリーズ。

  あの幻の名作がリメイクされ、ナオキーズ!旅ブログ 『 ぶらっと、旅る。 』にて蘇る。

  毎週金曜日配信決定!!! 一遍たりとも見逃すな。
      ↓  ↓ 
     木曜日!!!     
                                                 From Naokys!  



 
     おもしろかったら ポチッとな 

            ↓ ↓ ↓


          放浪記 ブログランキングへ

          にほんブログ村 旅行ブログへ  にほんブログ村

 タイ対ラオス B級ブッダパーク対決!!

  
file00648


 さあ、始まりましたねぇ。


 いよいよですよぉ、B級テーマパークと化した奇天烈寺院同士の国を賭けての品評会、夢の競演カーニバル!

 まずルールの説明、、いや、寺院の説明をしましょう。


 ブッダ・パークとはなんぞや!?


 1958年、仏陀とヒンドゥーの神様が大好きで大好きでしかたない、”ルアンブー・ブンルワ・スラリット師”が創造した寺院で、とにかく変わった仏像やら解釈しにくい男女像とかがやたらと陳列してあり、常人には理解不能な混沌世界観、深く考えるよりも見た目でほくそ笑めばそれでいいんじゃね?ってなまさに仏石造テーマパーク!!

 という代物が、ラオスのビエンチャンにある。 名前はワット・シェンクワーン。

 このお師さん、1975年にメコン川を越えて対岸のタイに亡命してくるなり、移り住んだノンカイにも同じような奇天烈寺院を創った。 名前はワット・ケーク。


 そんな面白スポット行かないでどーする!

 ならばっ!!


 カルト宗教、B級バッタ物、変仏、奇天烈寺院が三度の飯より大好きなナオキーズ!。

 そんな面白スポットがあるならばと、居ても立ってもいられず国を跨いでたまらず2つとも行って観て来たよ。



 さあ、さっそく比較して参りましょう。


  まずはタイランド・ノンカイにあるブッダパーク、「 ワット・ケーク 」からどーぞ。。。。


  
file00244
                      入口からして期待大。誰だ?アイツ。


  file00252


園内入場するなり、いきなり象が襲われてるぅ!!
file00351                         

 



















 しかも、かなりワイルドなタフガイぶった犬どもに・・・・

RIMG0418
               おっと、いきなり至近距離から仕掛けたぁ、が、白矢捕り。


  RIMG0421
   奇跡の瞬間。 兎の手の間から自然に蔦が伸び花が咲き仏に献上


  

  RIMG0435
   四面四手。 くるくる回って飛んでっちゃいそうな回転仏


  RIMG0433
   ナニクソーー

  image お爺ちゃんも見物かい?





















imageこんなトコでイチャついてっと罰あたるぞ。


















   
image
                                  ほ、ほらね・・・・

 
image
              泥沼愛憎三角メロリンドラマか…?

               

                       お前を倒す。
  
image



                                                                      image                           あいつうるさくね?

瞑想の邪魔すんなよ。


 まあまあ、聴いてやろうぜ、新曲。














        imageあぁ、何ソレ… とりあえずカットしてみるとかヤメたら?  




















             喰ってるよね、・・・・何を? 
image
  

image
             六大仏魂、揃い踏み。  やる気はない。              
                                                                                        image                                       





      


この人ですっ!

絶対この人ですッ!!




  以上、タイランド代表ブッダ・パーク、ワット・ケークでした。

 ここにはブンルワ・スラリット師を讃える3階建てのビルがあり、その中身は全てヒンドゥー神とブッダ像がひしめき合って置いてある仏壇のようなビルだった。

 園内も広くて順繰りに周れるし見応えは申し分ない。

 今も継続してる寺院なのだってのが伺えたが、訪れる98%はおもしろ見物だろうな。



 さてさてお次は、知名度・人気ともにトップを走り続けているラオスのビエンチャン郊外にあるブッダ・パーク、「 ワット・シェンクワーン 」を観ていきたいと思います、どーぞ。。。。


image
              こいつはもう大人の遊具だし。

 
image
                コナクソ~~

image
                       カボチャ遊具の中身は廃墟臭ぇ。
 
image
              ・・・・小さい子どもにはトラウマなチープさ。

 
image
              てっぺんまで昇ったらブッダパークが一望だ。

     
                                                                      


image足長寝釈迦と足短寝俺








 











俺の新曲で心乱れやがれ!
file00684


 image大亀からのワニ狩








 












    いやーー、デカっ!!
file00696












 
image      こっちはバッタ捕まえた!

image
     顔色…、悪いっす。

 
image
     また出た、四面四手の回転仏。まさか、飛んできたか!?

  imageイケメンな仏らに囲まれて威圧された。
image
   お、お爺ちゃん、また? けっこう好きなの?B級テーマパーク。


  以上、ラオス代表ブッダ・パーク、ワット・シェンクワーンでした。



 結果ねぇ、ノンカイにあるワット・ケークの方が、園内の広さ、寺的真剣さ、素朴さ仏像の大きさも上だよなぁ。

 面白さは両方おんなじだしな。

 
 ビエンチャンのワット・シェンクワーンはもう寺院として機能はしてないし、並べ方も整然と並んじゃってるし、ただの博物館か公園か、まさにブッダパークの様相で軽く観て周れるよ。

 入口にあるカボチャ型石塔?の上からの景色は良しだがな。


 という訳でサブカル好きなら両方行っちゃうだろうが、ノンカイのワット・ケーク観ずしてブッダパークは語るなかれってとこだ。


 あぁ、それと。 ビエンチャンのワット・シェンクワーンで売ってるブッダパークTシャツは、カッチョイイから買い。マストバイ。
 
file00653



             2014/12/03 From The naokys!  in LAO


            おもしろかったら ポチッとな 


                ↓ ↓ ↓


          放浪記 ブログランキングへ

          にほんブログ村 旅行ブログへ  にほんブログ村

 初詣に詣でた

 平成27年1月10日。 


 晴れに晴れた晴天たる青空の下、甥っ子・甥っ子・甥っ子母ちゃんと共に散歩がてらの神社詣り。

  
image


 俺にとっての初詣になるその神社は、保土ヶ谷にある星川杉山神社。

 
image

   ゆるキャラ、オカノウエスギマロ氏


 御祭神は日本武尊で、千年の歴史を誇るんではないだろうかと言われる程の歴史ある社だが、ゆるキャラはおわすは、Facebookには登録しとるわで、千年先を行く歴史つくる社でもあるのだ。

 
image

  世界が平和でありますように


 坂の多い横浜らしく、高台小山頂きに鎮座する神様は優しく俺に、

「 厄年脱出よく頑張りました。あと20年は厄年こないから、もう気ぃ抜いて還暦まで好きに生きていいよ。 」

と、言って微笑んでくれたのだった。


 そんなこんなで今年一発目のスタンプラ・・・・、いやさ、御朱印集めの収穫は、杉山神社にて。

 
image


 ものすごく丁寧な字で気持ちも丁寧になるってもんだ。

 サンキュー、八百万の神々様々。また今年もよろしくだぜ。


 2015年もみなさんとご一緒にThe naokysもよろしくやっていきますので、楽しい一年を盛り上げて参りたい所存であります。

 
image



 メェ~と 羊が鳴いたなら 
 昔話で 呑りましょう
 眠れぬ夜は 遊びましょう


 
image

  高台からの大都会・横浜の眺望


 
  2015/1/11 The naokys in JPN
おもしろかったら ポチッとな 


                ↓ ↓ ↓


          放浪記 ブログランキングへ

          にほんブログ村 旅行ブログへ  にほんブログ村

プロフィール

naokys!

はじめまして!             
 旅好き、アジア好き、遺跡好き、神社仏閣好き、大道芸好き、パフォーマンス好き、民族音楽好き、倍音好き。

 人生どうにかなりそう!アジア人を見てそう思い、楽観的・わがままになってゆる~い人生、テンションあげて生きてます。

 あぁ、もう残り半分。 旅に出ねば。 

ギャラリー
  •  『 弾丸ソウル 』
  •  『 弾丸ソウル 』
  •  『 弾丸ソウル 』
  •  『 弾丸ソウル 』
  •  『 弾丸ソウル 』
  •  『 弾丸ソウル 』
最新コメント
メッセージ

名前
本文
  • ライブドアブログ