ぶらっと、旅る。 

   人生の半分を夏休みに捧げたいアラフォーバックパッカー、The naokys!  過去に辿った一人旅を焼き増ししたり、これから行くであろう冒険浪漫な旅路をドドドッと書き綴る狂い咲き旅日記

          ~  The naokys! presents  俺旅  ~

2014年11月

 君ノ瞳ニ恋シテる。


 レディーース エーンド ジェントルメ~~~ン

 紳士淑女のみなさま、お父さん、お母さん、お兄さんにお姉さん、お待たせ致しました。 大変長らくお待たせ致しました。

 今宵、皆様にお届け致しますは本日の目玉、ノスタルジーかつスペクタクル、今世紀最大のエンターテーメントダイアリーの予告編、


    「 俺旅 2014 」 !!!


 もちろんこの旅に挑むのは、みなさんお待ちかね、我が見世物小屋が誇る、当代きっての風雲児、


  ご存じ、流浪のチンドン屋 The naokys!


 
思えば、「いんど道」を完遂してから早5年。

 それからというもの、外に出ることもままならず、あれよあれよという間にアラウンドも40を過ぎ。

 厄年に滅多打ちに叩きのめされ、身も心も憔悴しきり、血圧は上がり、足腰も疲労困憊。

 そんな中年侍がここぞとばかりに選んだ今回の旅先は!

 
 「 壱ヵ月ラオス 」



 羽田空港からベトナムはハノイへ飛び、空港内で12時間の夜明かし後、乗り継ぎで翌日バンコクはスワンナプーム空港へ。

 週末を10年ぶりの訪れとなるバンコクで過ごし、いざ、これまた10年ぶりとなるラオスへと突入国。

 怪しい仏跡に潜入!? 謎の遺跡を追えっ! あの夏をもう一度!!

 メコンの流れに身をまかせ、どこまでいけるかナオキーズ!

 錆びついた老体に油をちょちょいと差し、いざ壱ヵ月のラオス旅。

 何が起こるかは、旅神様だけが知っている、サイコロ出た目の運次第。

 北へ南へ縦横無尽、ラオス縦断飛ばしまくって国境へ。

 癒しのバンコク、無事に戻って来れたらば、後は戻るぞ帰国の途。 

 帰路の飛行機はベトナムのホーチミンへと向かい、ダメ押しに空港内でここでも10時間の夜明かし後乗り継げば、明くる日気づけば年末のクソ寒いであろうと推定される成田空港へ。


 あまりの気候変動ぶりに体調崩すこと間違いなし。

 久方のアジアの洗礼に腹を壊すこと間違いなし。

 
 そして何より・・・・


  な ・ ま ・ ら ・ 楽しくなること、間違いなし!!


 旅魂を震えるほど湧き立たせる華麗なるサイドショー。

 全米も泣いた怒涛の旅日記をテキトーに随時公開!

 次回より、異国の地からの現地生配信をお約束。

 ぜんまいも巻き終わり稼働準備は万端。

 空前絶後のこのライブ。 見逃すなっ、お楽しみに!


                           From naokys!  ~2014/nov/24  izu.japan


  
       おもしろかったら ポチッとな 


                ↓ ↓ ↓


          放浪記 ブログランキングへ

          にほんブログ村 旅行ブログへ  にほんブログ村

 
  • Comment(0)

  •  マレーの虎


     Tシャツ、タイパンにビーサン。 日焼けして真っ黒なひと足お先に夏!バックパッッカー。

     でも、目の前の外の景色は雨がちな曇り、気温15度。

     夕方の成田、寒し・・・・


     ついさっきまで、常夏のお日様の元にいたはずなのに。

     今は何故だか夢から醒めたばっかの朝ぼらけのようにぼーとしたまま生まれ故郷の日本の地。

     確かここから出発するときも雨だったな。 もしかしてずっと雨だったんか、それとも俺とハニーは竜宮城にでも行って帰ってきたんか。 時間は過ぎてんのか止まったままなんか。


     あぁ、あの日々はきっと醒めない夢をしばらく見てたんだろうねぇ・・・・


          ・・・・・・・・・・

     そのボートはうなりをあげてド青い海の上を滑空するかのように飛ばしてた。 頭上には底抜けに広い青空とぷかぷか白い雲、水平線には入道雲が聳え立つ。
     
     目の前に島影が近づいてくると、いわゆる南国の写真から切り取ったかのごとくロングビーチが現れた。 白い砂浜・椰子の木・ビーチ上のオープンレストラン・透明な海水・ビーチパラソル・寝そべる水着。

     文句のつけようの無いこの世界で、2人はこれから脳みそを溶かすのだ。 

    プルフンティアン島 268

     ここはマレーシア東海岸から沖合いに20Kmかそこらに浮かぶプルフンティアン島。

     国立公園に指定された大島と小島からなる南の楽園。 今回の旅で俺とハニーの2人が目指したのは小さい方の島、ケチル島だ。 兎にも角にも地球にこんな綺麗な場所があって、ここに住んでる人もいて、さらに遊びに来てる奴らに、もう、心底嫉妬してしまう程素敵なアイランドだ。

     来て良かったぁ、と単純に喜ぶよりもこの島の存在に気が付いてココに来る事が出来てホッとしたって感じ。  危うく知らずに一生を終えるとこだったな、危ねえ危ねえ。


    プルフンティアン島 108

     そんな島での生活はまさにスローライフ。  でもちょっと多忙。


    7:00 目覚めて水着に着替える。

    8:00 朝飯を喰いに行く。

    9:30 ロングビーチに繰り出す。水遊び・シュノーケーリング・水遊び・シュノーケリング・水遊び・・・・

    14:30 昼飯を喰いに行く。

    16:00 ビーチで水遊び。シュノーケーリング・水遊び・シュノーケリング・水遊び・シュノーケリング・・・・

    17:30 一旦、シャレー(バンガロータイプの宿)に戻ってシャワー浴びて着替えたら、対岸のコーラルビーチへ 夕陽を観に裏山を越える。

    19:00 夕飯を喰いにまた裏山を越えロングビーチに戻る。 レストランで夕食後、夜の浜辺でビール。

    22:30 シャレーに戻り、テラスでバックギャモン。

    24:00 おやすみ。



     と、このような生活が毎日飽くことなく延々続くのである。


     そこの海は遠浅で、どこまでも腰の深さくらいが続いて、クリスタル程の透明度の海水がキラキラと白い砂浜に反射する天然プール。
     少し岩場のほうまで泳げば海中はちょっとした水族館。 シュノーケルだけで鮫やエイ、念願の海亀とも泳ぐ事が出来た。

    自然に囲まれた環境で、日中は電気がストップ。 島には道がないから島内の移動はボートタクシーでビーチからビーチへ。

     でも、タイから流れてきた西洋人がたくさん来てるから、ビールも飲めるしパーティーまである。 


     2、3日もするとほてった脳みそがゆる~くなってきて溶け出してくる。

     おまけに烈火のような日差しが体を焼き尽くすので皮膚も一皮剥ける。

     喋る速度が遅くなる。

     段々段々遅くなる。

     何もかもがどーでも良くなってく。


     娯楽の少ない世界だから、目の前にある一つの娯楽を思う存分楽しめる。 しかも最高に楽しいひととき。 また日本に帰った時、無欲でしばらくいられるだろう。

     一人で行ってたらさみしくなって2、3日で島を出るだろうが、ハニーと四六時中一緒なもんでこの瞬間が延々と続かないならここで死のうかとも考えたほど、とにかく良いトコだった。


     そして・・・・


          ・・・・・・・・・・

     あっちゅー間の出来事で、気が付いたら小雨降る成田だった。


     あぁ、あの素晴らしきかな幸せな日々の醒めない夢は夢だったんだねぇ・・・・

                                     
                         From naokys! 2008年 4月
       
  • Comment(0)


  •        おもしろかったら ポチッとな 


                    ↓ ↓ ↓


              放浪記 ブログランキングへ

              にほんブログ村 旅行ブログへ  にほんブログ村

    旅魂が揺らぐとき

     
  • Comment(0)

  •  旅ブログだが、今回も旅行記ではない。


     「旅に出たい」 と思うときが、日本在住でも何気ないときに多々あるので今回はそんな話。

     
     いなばのタイカレーシリーズがいつの間にかすげえ増えてた。

     KIMG0498
      カレーどころかガッパオやインドカレーverまで!!


     タイカレーはツナやチキンでイエロー・グリーン・レッドとあり、それぞれ喰ってきたがなかなか美味しかったよな。

     
     さらに、

     KIMG0499
      マルハよ、お前もかっ!?

     ちょいと量も多めのマルハのタイカレー缶詰まで見つけてしまった。 しかも100均に売ってる。

     
     この種類の多さにテンションもアガり、それによって旅道中のウキウキ感も脳内に蘇り、

     
     で、

     
     旅に行きたくもなるってもんだ。

     


     さっき、ipod  classic 160GBが突然電源が切れ、そのまま立ち上がらなくなっちまった…

     もうクラシックは今後の発売もなさそうだし、修理に出しても果たして直るのだろうか… 

     容量が多くて1万曲以上も入ってるすぐれものなのに

      
     しかしこういう時は、

     「あぁ、旅の途中じゃなっくて本当に良かった。」と安堵する。

     ノー音楽・ノー人生の俺には打撃。 旅中ならモチベーションも下がりまくってたことだろう。


     日記帳無くした 1位

     デジカメ壊れた 2位

     ノー音楽     3位

     
     くらい、3位になるくらいモチベーションも下がっていたことだろう。





     今日は旅に出たい気持ちと、旅中に起きて欲しくない出来事が数時間の間に巻き起こった。

     
     結局なんだ?

     
     喰いたいものは喰えるし、壊れりゃすぐ修理も出せるし、日本最高ー!ってことか?

     
     おう。 ニッポンにいて良かったぜ。


                             From Naokys!



      
           おもしろかったら ポチッとな 


                    ↓ ↓ ↓


              放浪記 ブログランキングへ

              にほんブログ村 旅行ブログへ  にほんブログ村

    プロフィール

    naokys!

    はじめまして!             
     旅好き、アジア好き、遺跡好き、神社仏閣好き、大道芸好き、パフォーマンス好き、民族音楽好き、倍音好き。

     人生どうにかなりそう!アジア人を見てそう思い、楽観的・わがままになってゆる~い人生、テンションあげて生きてます。

     あぁ、もう残り半分。 旅に出ねば。 

    ギャラリー
    •  『 弾丸ソウル 』
    •  『 弾丸ソウル 』
    •  『 弾丸ソウル 』
    •  『 弾丸ソウル 』
    •  『 弾丸ソウル 』
    •  『 弾丸ソウル 』
    最新コメント
    メッセージ

    名前
    本文
    • ライブドアブログ